スポンサーリンク

安心感のある良テーマ【天威】

最初は安いし何気なく組んだ【天威】ですが、優秀な新規も貰え、安心・安定感のあるデッキになって結構お気に入りデッキになりました。

基本、シンクロと親和性が高く、幻竜族テーマである【竜星】とも相性が良いのでよく一緒に使われていますね。
シンクロ要素が新ルールで扱いやすくなるので更に回しやすくなりそうです。

スポンサーリンク

4月に更に新規も

ついに来た「天威」カードサーチ

判明時嬉しくてつい記事(こちら)にした《天幻の龍輪》幻竜族をリリースして幻竜族サーチ、効果モンスター以外をリリースした場合には幻竜族を効果無効でリクルート効果になります。

《天威の拳僧》等をリリースし必要に応じた幻竜族をリクルートしていくと展開が捗りそう(*´ω`*)

また、効果モンスター以外のモンスターが存在する場合にこのカードを墓地から除外して発動できる(2)の効果は遂に来た「天威」カードサーチ、モンスターはアクセス出来ていましたが魔法・罠サーチは非常に嬉しい限り。《天威無崩の地》で枯れやすい手札補充手段にアクセスできるようになります。

ただし《天幻の龍輪》の効果は1ターンにいずれか1つしか使えないので、そのまま使う分だとタイムラグが気になる所です。

リンクブレインズパックでも貰えた新規リンク

激戦区のリンク4だけど素材は軽い

《天威龍ーサハスラーラ》
リンク・効果モンスター リンク4/光属性/幻竜族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/下/右下】 幻竜族モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、 相手はフィールドの効果モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
(2):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 自分フィールドに「天威龍トークン」(幻竜族・光・星4・攻?/守0)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力は、対象のモンスターの元々の攻撃力と同じになる。 この効果は相手ターンでも発動できる。

《タツノオトシオヤ》等を使うとチャチャっと出てくるモンスター。
《天威の龍仙女》《邪竜星ーガイザー》を経由させるのが近道ですかね。

耐性付与は《天威無崩の地》とは逆に効果モンスターに付与、両方合わせるとガッチリ耐性を作り出す事ができます。

また(2)の効果も対象に取れるモンスターであれば相打ちかそれ以上の戦果を上げる事が出来ます。相手ターンでも使えるの強い…

リンク4は激戦区ですが【天威】なら採用しやすい1枚となっています。

許された!ボウテンコウ

ノータッチだった

《源竜星ーボウテンコウ》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/幻竜族/攻 0/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「源竜星-ボウテンコウ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。 デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。

規制されるかもラインだったアド生産機、ボウテンコウは生き残りました。
竜星と組んで悪さができそうです、ルール移行によりボウテンコウを出す場所にも困らなくなりましたしね。

《タツノオトシオヤ》のトークンを利用したりレベル1非チューナーを採用すると《フォーミュラ・シンクロン》も使えたりして手を伸ばして行く事も出来そうですね。

とにかく便利屋さんが沢山いるテーマ

優秀なサポートが沢山あり、メインデッキの「天威」モンスターは効果モンスター以外が居ると手札・墓地から除外しバウンスなど様々な効果を使えるので対応力が高いです。

気を付ける事は効果モンスター以外のモンスターが存在しないとパワーダウンしちゃうのでそこを考えながらのプレイングですかねぇ。

フリーとかで使う分にはとても楽しい&リフンも再録で安いのでオススメテーマですよ。

テーマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント