大会環境にも顔を出し始めた【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ

今まで頭数が足らず構築が固まっていなかった「トライブリゲード」ですが「ブレイジング・ボルテックス」にて《鉄獣戦線 キット》の登場により大幅に強化されました。

いい強化だと思っていましたが、大会環境にも持ち込まれだしたレベルになるとは…(ΦωΦ)

スポンサーリンク

徐々に結果を残していって研究が更に進みそう

《鉄獣戦線 キット》

効果モンスター
星2/炎属性/獣族/攻 700/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「鉄獣戦線 キット」以外の「トライブリゲード」カード1枚を墓地へ送る。

「キット」については判明時の考察過去記事があります。

「フラクトール」から入れば非常に墓地を肥やす事が可能なカード、また「鉄獣戦線」魔法・罠にも対応しているのが良き力ですねぇ(*’ω’*)

またデッキを支える《獣王アルファ》や《霞の谷の巨神鳥》など強力なバックアップもあり地力があるのが魅力。

EXデッキからは《戦華盟将-双龍》や《王神鳥シムルグ》なども非常に便利ですねぇ。

《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》エースのしっかりとした存在感

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/鳥獣族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで除外する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

対象を取らない除外と言うかなりグレードの高い除去効果を持つ【鉄獣戦線】のエース。

SSと他の獣・獣戦士・鳥獣がSSとダブルトリガーになっており相手ターンに発動できれば相手のプランを崩壊させる事もできそうです。

打点も3000としっかり高いのも嬉しいポイント(*’ω’*)

墓地へ送られると除外から1枚サルベージ「鉄獣戦線」は除外しまくるので回収カードに困る事は無さそうです。

研究でまだまだ安定性やギミック追加など伸び代があるかもですねぇ。

コメント