《古代遺跡の静粛》【トラミッド】に新規・魔法・罠サーチ&リクルート効果

『ドーン・オブ・マジェスティ』に過去テーマ新規として【トラミッド】から《古代遺跡の静粛》が収録されます。

条件こそ中々ですが効果はサーチとリクルートの2種類とお強い効果ですねぇ。

スポンサーリンク

大型モンスター《トラミッド・スフィンクス》もリクルート可能

《古代遺跡の静粛(トラミッド・ローディング)》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、フィールドゾーンにフィールド魔法カードが表側表示で置かれた場合に発動できる。
デッキから「古代遺跡の静粛」以外の「トラミッド」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの表側表示の岩石族モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
破壊されたモンスターとはカード名が異なる「トラミッド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

効果発動トリガー

それぞれの効果トリガーについて。

(1)の効果はフィールドゾーンにフィールド魔法が置かれた場合。【トラミッド】は下級モンスターによってフィールド魔法を貼り替えていくテーマなので発動はしやすそうです。

(2)の効果は自軍の岩石族モンスターが戦闘・相手の効果で破壊された場合。相手による効果はこちらからでは制御できないので使うなら戦闘での自爆特攻がメインの運用となるかと思われます。

サーチ効果

「トラミッド」フィールド魔法はフィールドから墓地へ送られた場合の効果もあるので《古代遺跡の静粛》と合わせて2重にアドを取っていくことが可能となります。

サーチ先は各種フィールド魔法《古代遺跡の目覚め》が存在します。

永続罠
(1):1ターンに1度、自分の墓地から、岩石族モンスターまたはフィールド魔法カードを合計2枚除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外のフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
●自分の墓地のフィールド魔法カードを3枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

《トラミッド・クルーザー》ならばモンスター&魔法・罠サーチととんでもないアドバンテージ獲得に繋がりますね。

《古代遺跡の静粛》の登場によりガシガシ「トラミッド」フィールド魔法を採用できそうな気配がします。

リクルート効果

トリガーが「岩石族」なので「トラミッド」でなくても引けるのがいい所、他の岩石出張させても不純物になりにくくなりますね。

リクルートする「トラミッド」に制約はなく、レベル10の《トラミッド・スフィンクス》もリクルートが可能。

特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2500/守2500
このカードは通常召喚できず、「トラミッド」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):「トラミッド・スフィンクス」以外の自分フィールドの表側表示の「トラミッド」カードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「トラミッド」カードが存在する場合、このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地のフィールド魔法カードの種類×500アップし、相手モンスターは「トラミッド・スフィンクス」にしか攻撃できない。

下級モンスターをリクルートしてフィールド魔法を貼り替えるのも良いですね。

とにかく凄くアドアドしいのが来ましたねぇ。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント