対応種族の各種デッキに出張し活躍する「鉄獣戦線」

「獣・獣戦士・鳥獣」3つの種族からなるテーマ【トライブリゲード】

純構築のみならず、対応した3種族を使用したテーマに出張する事も多いですね。

【トライブリゲード】の出張性について書いていこうと思います( ・`д・´)

スポンサーリンク

墓地をリソースにリンクできるのが大きい

出張しているテーマとして【LL】【戦華】【武神】などなど様々なデッキに出張っております。

「トライブリゲード」のメインデッキのモンスターが持つ共通効果は以下の通り。

自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。

出張させると墓地をリソースにリンクモンスターが展開可能となります。

リンク先としては展開効果を持つ「フェリジット」や除外効果の「シュライグ」サーチ効果の「ベアブルム」など。

それ以外にも《王神鳥シムルグ》などからの制圧展開も可能となっております。

召喚権がケンカする場合

混ぜるとやはり気になるのが召喚権がケンカしてしまう事。

リクルート効果を持つ《鉄獣の凶襲》を使用したり、手札コストが必要ですが「ケラス」が自己SS可能、コスト次第では更にアド獲得を狙っていけます。

《鉄獣の凶襲》は新規の《鉄獣戦線 塊撃のベアブルム》によってアクセスが可能、コストが手札2枚と重いですが帰還効果もあります。

また問答無用で頼りになる罠カードとして《鉄獣の抗戦》が挙げられます。

《鉄獣の抗戦》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

相手ターン「シュライグ」での除外は奇襲性が高いですねぇ。しかもこちらはリンク召喚扱いでの展開となっております。除外対応・素材も除外されずと近年の罠でもかなり強い部類なんじゃないでしょうか?(*’ω’*)

私は【戦華】と混ぜて使っておりますが上々ですね、出張性が高く将来的に対応テーマも増えるかもなので出張セットとして持っておくのはアリかなと思います。

コメント