《ヴァレルロード・R・ドラゴン》などヴァレット新規・儀式で登場|ラピッドトリガーサーチも

『BURST OF DESTINY』で登場となるのが【ヴァレット】の新規達。

ヴァレットはドラゴンリンクでも活躍中ですね、今回の新規によって純構築がかなり捗りそうです。

スポンサーリンク

特殊召喚を無効に・サルベージは自身対象可能

《ヴァレルロード・R・ドラゴン》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ヘヴィ・トリガー」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
その後、このカードまたは自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を選んで破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の、「ヴァレル」モンスターまたは「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、対象のモンスターを手札に加える。

リンク・シンクロ・エクシーズ・融合に続く「ヴァレル」モンスター。

(1)は相手の特殊召喚を無効にして破壊、その後の処理で自身か自分フィールドのヴァレットを破壊。

効果破壊される事で効果トリガーを引けるヴァレットを破壊すれば損失をカバーする事ができます。自身を破壊すると(2)の墓地効果への繋がりにする事も可能。

墓地の効果はサルベージ、手札・フィールドからカードを破壊する必要がありますが、これまた各ヴァレットの効果トリガーを引けます。回収は自身を対象とする事も可能となっております。

総じて自壊による「ヴァレット」の効果トリガーを引きやすい1枚。1:1交換からそれ以上のアドバンテージを取っていけるモンスターですね。

スポンサーリンク

《デュアルウィール・ドラゴン》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分の墓地のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ラピッド・トリガー」または「ヘヴィ・トリガー」1枚を選んで手札に加える。

リリースして2枚蘇生とアドアドしいモンスター、効果を無効にせずレベルなどの制約も無いですね、強い。

しかしながらレベル8の闇属性ドラゴンですが「ヴァレット」「ヴァレル」名称を持たないモンスターなので召喚するにはカテゴリ外からのサポートなどが必要。

墓地から除外する事でデッキ・墓地から《ラピッド・トリガー》《ヘヴィ・トリガー》を手札に、ついに来たテーマ融合カードサーチ、儀式魔法のヘヴィ・トリガーまで対応は嬉しいですね。

こちらのサーチ・サルベージ効果を狙う為に採用するのも全然アリかと思われます。

スポンサーリンク

《ヘヴィ・トリガー》

儀式魔法
「ヴァレルロード・R・ドラゴン」の降臨に必要。
(1):レベルの合計が8以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の手札・フィールドの「ヴァレット」モンスターを破壊し、手札から「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されず、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。

儀式魔法、融合魔法の《ラピッド・トリガー》と同じく破壊する事による代替方法で召喚ができます。これまた「ヴァレット」の破壊効果でアドバンテージになります。

EXデッキからSSされたモンスターに対して戦闘破壊耐性を持ち効果も受けなくなるというEXデッキに対してはとてつもなく強くなります。

メインモンスター・魔法・罠の汎用除去が無いと詰みかねませんね。

《ストライカー・ドラゴン》さんの需要が更に伸びそうですねぇ。

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント