ファントム・レイジ収録《ワーニングポイント》の考察|効果無効が付いているのがポイント

ファントム・レイジに収録される《ワーニングポイント》

各種EXデッキからの特殊召喚の素材化をブロックする効果ですな、類似カードで手札誘発の《ノーマテリア》がありますが、それとの違いや使い勝手などについて考察シていこうと思います。

罠故の遅さだけど《トラップトリック》や《悪魔嬢リリス》でサーチの恩恵も

通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化され、融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。

ほうほう、シンプルなテキスト。シンプルなほど強力なのが遊戯王テキストの妙。

類似カードの《ノーマテリア》との違いを挙げていくと

・フィールドにカードが存在しなくても発動できる。
・通常召喚・反転召喚にも反応可能。
・効果無効が付いている。
・攻撃不可にできる
・リリースは非対応

結構違いが多いですね(;^ω^)

特に効果無効・攻撃不可は大きいと思います、それとフィールドにカードが存在しなくてもいいのも良きですね。罠カードですしそうじゃないと辛いですからねぇ。

効果無効・攻撃不可は素材にするしない関係無く使っちゃっても問題が無いくらい妨害としては使えそうな感じがします。対象も取らないのが大きいですな。

効果を使い素材として処理するモンスターに浴びせると最大限の効果を発揮してくれそう。低打点の初動サーチ札とかに当てるとかなり効きそうです。

それと儀式には通用しないですね、リリースも非対応なので儀式リリースに使わせないのも不可能となっています。

《ノーマテリア》は中々な確率で腐りやすく採用も少ないですが、こちらのカードだと完全に腐ってしまう事が少なそうではあります。

ただし罠故に後攻時などでは機能させるのが難しいのが辛いところですねぇ…先攻の相手に投げたいカードですし…(;・∀・)

罠カードなので《トラップトリック》や《悪魔嬢リリス》でのサーチ対応している点は良ポイントですね。

レアリティはなんとなくスーパーな予感がしますが「ファントム・レイジ」がつよつよなパックなのでノーマルかなぁ。

コメント