スポンサーリンク

「WORLD PREMIERE PACK 2020」に収録される【炎星】カードが判明

来るとは思っていましたが発表された「WORLD PREMIERE PACK 2020」に収録される海外先行収録だった【炎星】達。

国内では【鉄獣戦線】も登場しておりアツいテーマになりそうですね!「炎舞」カードも沢山増えるので「ワシンジン」がドンドン危険領域へ(^o^;)

スポンサーリンク

たっぷり濃厚な10枚。儀式や融合、紅一点のリンクモンスターなどなど

《魁炎星-シープ》

効果モンスター
星3/炎属性/獣戦士族/攻 800/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨て、自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
デッキからそのカードとカード名が異なる「炎舞」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
(2):このカードが「炎星」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「炎舞」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

召喚時に手札を切り対象の「炎舞」と別名の「炎舞」をデッキからセット。「天キ」から「天枢」を持ってきて召喚権を増やすなどといった事ができるので非常に器用な1枚。

炎星モンスター効果で特殊召喚されると墓地に存在しない名称の「炎舞」をフィールドからセット。「チョウテン」「リシュンマオ」の蘇生効果や「ソウコ」のリクルートなどで特殊召喚すると上手く使えそうです。「ソウコ」のコストは「ワシンジン」で踏み倒しましょう。

新たなる【炎星】のキーパーソンとなり得そうなモンスターですね。

《俊炎星-ゾウセイ》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
手札から「俊炎星-ゾウセイ」以外の「炎星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分の墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
その後、デッキからレベル5以上の「炎星」モンスター1体を手札に加える事ができる。

フィールドの「炎舞」を墓地へ送って手札から「炎星」を展開。初動ならコストは払っても良しですかね、後々なら「ワシンジン」で踏み倒したいですね。やっぱ「ワシンジン」ヤベェ(^o^;)

墓地の炎舞をデッキに戻し、上級「炎星」をサーチ。「炎舞」をデッキに戻すので「シープ」の(2)の効果とも相性が良さそうです。

《寿炎星-リシュンマオ》

効果モンスター
星5/炎属性/獣戦士族/攻2100/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「炎舞」魔法・罠カードを発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「寿炎星-リシュンマオ」以外の「炎星」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「炎星」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの「炎星」モンスターが相手の効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る事ができる

「炎舞」を発動するだけで特殊召喚と非常に緩い展開方法かつ蘇生効果まで持っているスゴい奴。しかし発動後に「炎星」しか特殊召喚できない縛りが発生しますね。流石に当然かと。

(2)は身代わり効果、「炎星」モンスターが効果破壊される場合代わりに「炎舞」を墓地へ送ることが可能。

《巧炎星-エランセイ》

儀式・効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2400/守2000
「炎舞-「洞明」」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「炎舞」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、「巧炎星-エランセイ」以外の自分フィールドの表側表示の「炎星」カードまたは「炎舞」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

儀式モンスター。手札からモンスターを切ってデッキ・墓地から「炎舞」をセットする効果と相手のモンスター効果を自身以外のフィールドの「炎星」か「炎舞」カードを墓地へ送ることで無効にする効果。

相手モンスター効果の発動場所を問わないので手札誘発などにも強く出れるのが良いですねぇ。

《富炎星-ハクテンオウ》

融合・効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻2600/守2200
獣戦士族モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カードの数×200ダメージを相手に与える。
(2):自分・相手のバトルフェイズに、自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

融合モンスター。素材は獣戦士族モンスター2体と非常に緩い素材要求となっております。

特殊召喚時にフィールドの「炎舞」の数×200バーン。最大で1000ですかね。
自分・相手のバトルフェイズに「炎舞」を墓地へ送り、対象の相手フィールドのカードを破壊する「ユウシ」的な効果。「ユウシ」はモンスターのみでしたがこのカードは何でも割れますね。

《慧炎星-コサンジャク》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
「炎星」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先に「炎星」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードの攻撃宣言時に自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてエンドフェイズまでコントロールを得る。
このターンそのモンスターは攻撃できない。

「炎星」リンクモンスター第二号。リンク先に「炎星」が居ると攻撃対象になりません。

このカードの攻撃宣言時に「炎舞」を墓地へ送ると対象の相手モンスターをリンク先に置き、エンドフェイズまでコントロールを奪取。奪ったモンスターは攻撃不可。

コントロール奪取は強力そうですね、しかし「炎星」召喚縛りなどが発生している場合は奪ったモンスターの処理はちょっとしにくいかもですね。

新たな「炎舞」魔法・罠、融合や儀式も「炎舞」にて

《炎傑の梁山閣》

フィールド魔法
このカード名はルール上「炎舞」カードとしても扱う。
(1):「炎星」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、このカードに炎星カウンターを1つ置く。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの炎星カウンターを以下の数だけ取り除き、その効果を発動できる。
●2:このターン、自分の獣戦士族モンスターが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●6:デッキから獣戦士族モンスター1体を手札に加える。
●10:デッキ・EXデッキから獣戦士族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

ルール上「炎舞」として扱うフィールド魔法。「炎星」が召喚・特殊召喚される度に炎星カウンターを置く…これは《六武の門》…!?

カウンターを取り除くと2個でダメステ終了時まで効果発動封じ。6個で獣戦士族サーチ。10個でデッキ・EXデッキから獣戦士族モンスターを召喚条件無視で特殊召喚。

流石に《六武の門》ほどでは無いです。6個の獣戦士族サーチが現実的なラインですかねぇ。

《炎舞-「洞明」》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から獣戦士族の儀式モンスター1体を儀式召喚できる。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「炎星」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

「炎舞」による儀式召喚方法。発動時の効果処理として儀式効果。このカードが墓地へ送られると「炎星」を蘇生。

どちらも展開能力を有していますね、儀式を使う場合は必須ですが儀式魔法サポートは受けれませんね、代わりに「炎舞」サポートを受けれるので十分すぎるとは思いますが(^o^;)

《炎舞-「隠元」》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・フィールドから、獣戦士族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚できる。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「炎星」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

こちらは「炎舞」による融合。融合モンスターである「ハクテンオウ」は素材が緩いので素材が無い事は流石に無さそうです。

こちらの墓地へ送られた効果は「炎星」をサルベージ。

《極炎舞-「辰斗」》

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「炎星」モンスター及び「炎舞」魔法・罠カードが存在し、魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

「炎星」と「炎舞」両方の存在が要求されますが魔法・罠カードの発動を無効にできるカウンター罠。

「炎舞」サポートでサーチなどは簡単ですね。

コメント