《若い忍者》効果判明・特殊召喚したモンスターを裏守備にして自己特殊召喚【Vジャンプ付録】

スポンサーリンク

『Vジャンプ9月号』の付録カードとなる《若い(グリーン)忍者》の効果が公表されました。

裏守備を駆使する効果のモンスターとなっています、リバーステーマとかで面白そうですね。

スポンサーリンク

《若い忍者》

《若い忍者》

効果モンスター
星2/風属性/戦士族/攻 600/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが表側表示で特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードが手札・フィールドから墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を表側攻撃表示または裏側守備表示にする。

自分モンスターの特殊召喚に反応して裏側守備表示にして自己特殊召喚

効果的にリバースモンスターとの相性が良いのですが「特殊召喚」でなければならないのがネックとなりそうです。

《メタモルポット》など各「ポット」を利用したい場合も特殊召喚する方法を別に用意する必要がありますね。

【占術姫】ならその辺りは得意としていますね。

【忍者】としては各リバース効果忍者の中でも展開効果でリターンがとても大きい《渋い忍者》を狙っていきたいですね。

《渋い忍者》

効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2300/守2200
このカードがリバースした時、自分の手札・墓地から「渋い忍者」以外の「忍者」と名のついたモンスターを任意の数だけ裏側守備表示で特殊召喚する事ができる。
「渋い忍者」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

手札・フィールドから墓地へ送られると表・裏に表示形式を変更

モンスターの表示形式を変更、こちらは相手モンスターも対象に取れるので妨害として使う事もできます。

本領としてはやはり「リバース」関連に使いたい所ではありますね。

このカードがレベル2なので《ギガンティック・スプライト》で《メタモルポット》をSSして《若い忍者》をSS、効果で裏守備にして《若い忍者》をリンク素材でリバース…といった事も可能ですな。

《メタモルポット》

リバース・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
お互いにデッキから5枚ドローする。

Vジャンプ9月特大号
●発売日:2022年7月21日(木)
●特別定価:590円(税込)

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

リバースデッキにひと味欲しい時にあると面白そうなカードですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    スプライトが月の書をデッキから飛ばしてくるということですか…大したものですね