スポンサーリンク

《天霆號アーゼウス》判明│11期はカードパワー高めな傾向?

「遊戯王OCGタイムズ」放送で色々なカードが判明しましたね。

しかし公開されたカードはどれもお強いですなぁ、そこでふと思っていた「11期」に入ってからカードパワーを高めに取られているかな?って思いが更に上がってきました。

スポンサーリンク

強力だと感じた《天霆號アーゼウス(ネガロギア)アーゼウス》

《天霆號アーゼウス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/機械族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキ・EXデッキからカードを1枚選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

目を引くカードはやはりコレですね。

重ねてX召喚できるカード、条件はXモンスターが戦闘を行っていればOKとかなり緩い基準。ランクも問わないのでダイレクトアタックが可能だったり戦闘破壊耐性があるXモンスターを使用すると安全。

そして効果の方がかなり強烈。素材が2つ必要ですが「このカード以外のフィールドのカードをすべて墓地送り」しかもフリーチェーンで相手ターンでも発動できる(;・∀・)

また自身以外のカードが破壊された場合に手札・デッキ・EXデッキからカードを素材に。墓地へ送られた場合の効果を持つモンスターや墓地へ置きたいカードを引っ張ってこれますねぇ。

エクシーズは少々10期で遅れを取った感が否めないですが、今期のこのテコ入れは相当なものとなりそうな予感がします。環境を定義するには充分な性能かと。

【ドラグマ】や《三戦の才》《禁じられた一滴》などROTDで強力なテーマやカードが出ましたが、11期1発目という事&「ドラグーン」などを処理できる「脅威に対する回答」の登場として受け捉えてましたが、ひょっとしたら11期は9期の様なインフレ路線傾向にあるかもしれませんね。

遊戯王OCG自体、スタンダード制ではなくローテーション(スタン落ち)が無いのでインフレ傾向になるのは当然なのですが、遊戯王OCGはファン・カジュアル勢も多いので急速なインフレをする必要性が低いとも言えますが…今後のカードパワーがどうなるかですねぇ。

《レイダース・ナイト》や【インフェルニティ】と良さそうなカードや新規も発表されましたが、お時間が無いのでまた後日。

コメント