アンデットデッキ「ドーハスーラ」&《アンデットワールド》によりダブルで苦しい

スポンサーリンク

ストラクチャーデッキR「アンデットワールド」で登場した《死霊王 ドーハスーラ》

このカード自体も強力なのですがセット運用されている《アンデットワールド》の方でも十分苦しい時がある強烈タッグです(;^ω^)

スポンサーリンク

種族変更は刺さるデッキには非常にぶっ刺さる「ドラゴン族」辛い…

《死霊王 ドーハスーラ》

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

アンデット族の効果が発動すると無効にするか対象を取らない除外か。フィールドゾーンにカードが存在すると蘇生できる優秀なアンデット。

フィールド魔法、特に相性の良い《アンデットワールド》とのセット運用が前提となります。

汎用としては《灰流うらら》はアンデット族なので《アンデットワールド》が無くてもトリガーとする事ができます。

《アンデットワールド》

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

フィールド・墓地を全部アンデット族化、アドバンス召喚もアンデット縛りになってしまい、シンプルだけど隙が少ないフィールド魔法。

「ドーハスーラ」だけではなく、この《アンデットワールド》だけで種族を参照するデッキはかなり苦しい状況へと追いやられます。

例えば「ドラゴン族」《復活の福音》などの種族蘇生も発動できなくなり、墓地効果の身代わりすら使用不可能になってしまいます。

また《レッドアイズ・ダークネス・メタル・ドラゴン》による蘇生も不可能に。

この状況下で倒しても蘇生できる「ドーハスーラ」が居ると中々に絶望感があります(;^ω^)

意外な対策として《王家の眠る谷-ネクロバレー》によって無効になります。サイドデッキでちょくちょく見かけるので覚えておいて損はないかと(*’ω’*)

新しい仲間《黄金卿エルドリッチ》永続魔法・罠の支配者

アンデット界の超新星《黄金卿エルドリッチ》相手のメタ永続魔法・罠を除去する事ができたり、自分が発動したメタ札をコストで墓地へ送れる為、相手ターンのみ適用させるなど、「永続魔法・罠」を完全にコントロールする支配者です。

本人の打点も良好。環境デッキでも非常に高い人気を誇っています。遊戯王のメタ張りは強力なのでそれを自在に操れるのはやはり強みですねぇ。

「ドーハスーラ」による無効・除去「アンデットワールド」による種族メタ「エルドリッチ」で永続メタ張りと非常にやらしい戦い方ができるデッキとなりました。

【不知火】と合わせると多彩なシンクロを扱えるようになります。特に《PSYフレームロード・Ω》は《馬頭鬼》などアンデットサポートと非常に相性が良いですし、上記の妨害に加え、疑似ハンデスを足す事も可能となります。

【アンデット族】デッキは意外と多彩かつ強かったりするので構築してて楽しいですよ。私は【不知火】でビートダウンするのが好きです(*’ω’*)墓地除外も刺さりませんしねぇ。

amazon

コメント