『遊戯王新規』【ヒロイック】に新たな戦士・サーチ魔法や自己SS持ち達が嬉しい

『ディメンション・フォース』での新規が本日も公表されました、新規をもらえるのは【ヒロイック】となっております。

9期の頃汎用として「強襲のハルベルト」や「サウザンドブレード」にお世話になりましたなぁ。

今回の新規はエクシーズや展開しやすいモンスター、そしてサーチ魔法と手厚く手堅い新規なので注目ですね。

《H・C ナックル・ナイフ》

効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 600/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル1モンスター以外の「ヒロイック」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードのレベルは、その内の1体のレベルと同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターでしか攻撃宣言できない。

レベル1以外のヒロイックが存在すれば特殊召喚、自身がレベル1なので自分参照はダメよって感じですな。

「ヒロイック」は基本的にレベル4軸のデッキなので特殊召喚は容易です、また先攻で自己特殊召喚できるモンスターは非常にありがたいですね。

4軸なのにレベル1ですが召喚・特殊召喚時にフィールドの戦士を参照してレベルを変動させれるのでエクシーズ素材として困る事は無さそうです、ただ効果無効などを投げられるとちょっと困りますね、そういう時は相性の良い《聖騎士の追想 イゾルデ》のリンクを目指すなどにシフトしたい所です。

またランク1である《H-C ヤールングレイプ》も登場するのでレベルを1に合わす動きも想定されます。

《H・C モーニング・スター》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1500/守1300
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ヒロイック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):このカードが墓地に存在し、自分のLPが500以下の場合に発動できる。
このカードを効果を無効にして特殊召喚する。

こちらも展開能力を持ったモンスター2体以上存在で自己特殊召喚、3体素材としてカテゴリからは《H-C クサナギ》が存在します、もちろん複数素材を更に欲張れるならば《No.86 H-C ロンゴミアント》も選択肢に入りますね。

展開時効果は「ヒロイック」魔法・罠をサーチでき、アドバンテージ確保能力も持っています、新たに登場するサーチカードの《ヒロイック・エンヴォイ》が候補でしょうか。

また墓地から自己蘇生も可能ですが条件がLP500以下の場合となっていますLP500自体は《H-C クレイヴソリッシュ》によって達成する事が可能です。

《H-C クレイヴソリッシュ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
戦士族レベル4モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):500LPになるようにLPを払って発動できる。
このターンのバトルフェイズ開始時、自分フィールドのモンスター1体を選んで攻撃力を倍にする。
(3):相手モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力分アップする。

新たな「ヒロイック」エクシーズモンスター、素材は戦士族2体となっています。

他のモンスターを攻撃対象にできず、LPが500になるように支払う事で自軍モンスター1体の攻撃力を倍加、元々の数値ではないので効果を発動した「エクスカリバー」に適用させれば攻撃力8000にする事ができます。

(3)の効果は相手モンスターが戦闘を行う場合そのモンスター分攻撃力がアップ、攻撃対象制限効果があるので他の低打点を守ってくれたりするのでLP500になった後の戦闘で守護神になってもらいたい所。

ただし各種耐性は持ち合わせていない点には注意です。

《H-C ヤールングレイプ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/地属性/戦士族/攻 700/守1800
戦士族レベル1モンスター×2
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの戦士族モンスターは、それぞれ1ターンに1度だけ戦闘・効果では破壊されない。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、自分の墓地のレベルまたはランクが4の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、その元々の攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。
(3):相手モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。

ランク1となるモンスター、戦士族に1度の破壊耐性を付与する効果を持っています「ヒロイック」は耐性持ちが少ないので非常に貴重な効果となりそうですね。

素材を2つ取り除く事でレベル・ランクが4の戦士族を蘇生してパンプアップ、永続で打点が上がるのでこのカードも戦闘要員にする事もできそうです。

またLP回復も兼ね備えておりLP500を脱する事や再びLP500になる効果を使用していく事も可能。

器用なカードなのでお世話になりそうな予感がする1枚ですね。

《ヒロイック・エンヴォイ》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ヒロイック」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分のLPが500以下の場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ヒロイック」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

分かりやすいテーマモンスターサーチカード《H・C モーニング・スター》と相互サーチ関係になっています。

また欲しい時に《H・C 強襲のハルベルト》を持ってきて展開したり上手くダメージを与えれば「ハルベルト」でも「ヒロイック」カードをサーチする事ができますね。

LP500以下の場合には墓地から除外する事でサルベージ、同名OKなのでもう1枚このカードが落ちていればそちらをサルベージする事も可能。

コメント