PR

マスターデュエル・2023.6リミットレギュレーション改訂発表《デビル・フランケン》《テラ・フォーミング》が禁止に【MD】

記事内に広告が含まれています。

遊戯王マスターデュエルにおいて2023年6月8日に適用される新たなリミットレギュレーションが発表されました。

個人的に驚きと納得、両方の感情が入り混じっています。

スポンサーリンク

納得の《デビル・フランケン》《盗人の煙玉》驚きの《テラ・フォーミング》

禁止カード
  • 《デビル・フランケン》
  • 《テラ・フォーミング》
  • 《盗人の煙玉》

《デビル・フランケン》が禁止カードへ、流石に悪さするカードですからねぇ、OCGでも禁止読みの方が多いカードです。

盗人の煙玉

《盗人の煙玉》も禁止に、ピーピングハンデスと遊戯王においてかなり厳しいハンデス手段、発動条件も【焔聖騎士】では簡単に達成できますからね、こちらもOCGでも危うい枠。

そしてまさかのと思ったのが《テラ・フォーミング》の禁止、確かに昨今の遊戯王はテーマ用のフィールド魔法がどえらく強いですからねぇ。

しかし禁止は完全に予想外でしたわ…

「イシズ」パーツが大量に規制へ

制限カード
  • 《宿神像ケルドウ》
  • 《剣神官ムドラ》
  • 《古衛兵アギド》

猛威を振るっている【イシズティアラメンツ】から3種類の「イシズ」パーツが制限入りへ、《古尖兵ケルベク》のみノータッチとなっています。

UR1種とSR2種の規制となるので補填が凄そう…(小並感)

「ケルベク」のみは規制されなかった…これがどうなるか、ですねぇ。

《スプライト・ブルー》が規制・「ギルス」が緩和

スプライト・ブルー
準制限カード
  • 《スプライト・ブルー》
  • 《宵星の騎士ギルス》
  • 《天底の使徒》
  • 《メタバース》
  • 《サイバー・エンジェル-弁天-》

新たに《スプライト・ブルー》が準制限に規制されます、他では【オルフェゴール】から遂に「ギルス」が緩和となります。

《テラ・フォーミング》の禁止を受け、罠でのフィールド魔法アクセスとして《メタバース》が準制限に緩和。

OCGと同じく《天底の使徒》も緩和となります、儀式からは《サイバー・エンジェル-弁天-》が緩和、そろそろ許される的な所ですかねぇ。

コメント