遊戯王OCG《倶利伽羅天童》新たなリリース除去を行うモンスター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「遊戯王タイムズ」にて色々カード発表がありましたね。

その中でも新しいリリース除去となるモンスターカードとして《倶利伽羅天童(くりからてんどう)》があります。

クセの強さがありますがリターンが大きく後攻からの捲りに気をつけるプレイングが求められるカードになるかどうかですね。

スポンサーリンク

効果発動をトリガーにリリース

特殊召喚・効果モンスター
星1/炎属性/天使族/攻1500/守1500
このカードは通常召喚できない。
このターンに相手のモンスターゾーンで効果を発動した自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの数×1500アップする。
(2):自分エンドフェイズに、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

相手のモンスターゾーンで効果を発動したモンスターをリリースして特殊召喚できるモンスター。

基本「ニビル」の様に相手ターンに特殊召喚はできないので自分ターンでの捲り札となりそうですね、特に後攻時にターンが回ってきた時に使う用途になりそうです。

「ニビル」と違うのはリリースするのは効果ではないので効果無効などを気にしないのでいいのはポイントですね。

リリースできるのは効果発動したモンスターに限られますので無条件な「壊獣」と比べるとアタッカー要因など相手ターンに効果を発動しないモンスターを狙ってリリースする事はなどは難しそうです。

このカードの独自要素・リリースしても相手盤面に何も与えない

またリリースしての除去でも相手の盤面に何も残さないのが強みの1つですかね「ニビル」はトークン「壊獣」は本体が相手の盤面に残りますが《倶利伽羅天童》は相手には何も残さず寧ろ自分の盤面にモンスターを展開します。

このカードのアイデンティティは付与されている2つの効果になりますね。

まずはリリースした数に応じてパンプアップ、倍率は1500とかなり高めで1体リリースするだけで攻撃力3000に辿り着きます。

そして決まればかなり美味しいのがエンドフェイズに相手墓地からモンスターを特殊召喚。

リリースした相手のモンスターをそのまま蘇生するという流れを作ることができそうですね。

発動がエンドフェイズと遅いのでできれば相手ターンに妨害などできる制圧モンスターが理想的です。

現在の遊戯王で「リリース」による除去は激戦区でもあるのでこのカードがどこまで採用されるかですね、状況を選ぶのが気になりますがその分リターンは大きいって印象です。

他のリリース除去モンスターより遥かに大きなリターン、発動条件を満たしやすい環境ならば流行するかもですね。

フリーで試してみましたがやはり狙うのが中々大変ですが決まってしまえば各メリット効果は凄まじいものがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント