【D-HERO】話題続きで供給が追いついていない?『ディスクガイ』

「bloo-D」構築から始まった昨今の【D-HERO】プッシュ「デストロイフェニックスガイ」というメチャクチャ強力なカードで爆発的な現象になる事になりました、バースト・オブ・デスティニー発売日にまさかこうなるとは思いもしませんでしたねぇ。

今回は【D-HERO】での大事なドローソースとなる《D-HERO ディスクガイ》についてです。

スポンサーリンク

書籍付録しか存在しない・再録されないかなぁ

《D-HERO ディスクガイ》

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻 300/守 300
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
このカードは墓地へ送られたターンには墓地からの特殊召喚はできない。
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

墓地からSSすると2ドロー。生きている《強欲な壺》か《生還の宝札》か…

ディスクガイの収録は『遊戯王デュエルモンスターズ WORLD CHANPIONSHIP 2007』と『パーフェクトルールブック2018』での書籍付属のみ。どちらも時間が経っているので再版も無さそうですかね?

【D-HERO】人気によって高騰が始まっており、ピン刺しとはいえ結構エグい値段になっています。デスフェニ出張型では「ダッシュガイ」「ディバインガイ」が人気ですが【D-HERO】または【HERO】ならば欲しくなるカードですな。

レアリティはエラッタ前だけどウルトラなチャンピオンシップ、エラッタされているのがノーマルパラレルでのルールブック収録、レアリティかテキストか…好みが分かれそうです。

エラッタ自体は単純明快で「デュエル中1度・墓地へ送られたターンの蘇生不可」となっております。

即時に蘇生できないので相手にターンを渡すと《死者蘇生》で相手に効果を使われる危険もあるっちゃありますね、実際決まった所に遭遇した事もあるので要注意ですね。

蘇生手段としては【HERO】ならば「クロスガイ」や「ソリッドマン」「ドクターD」「ドミネイトガイ」によって簡単に蘇生する事が可能。

《リビングデッドの呼び声》ならば相手ターンに蘇生が可能、チェーン「墓穴」は勘弁!!

墓地へ送り込む手段は《フュージョン・デステニー》でデッキ融合素材にしたり「イゾルデ」でリクルートして各種リンク・融合素材にする辺りが現実的ですね。

アクセスの多さに定評がある「HERO」カテゴリだけあってピン刺しでも十分すぎるほど触ることができ、初動から安定して動かす事ができますね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

カードゲームにとってドローはみんなの大好物。引いて損ナシ!

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント