【ラビュリンス】優勝デッキレシピ「2022.7」環境

スポンサーリンク
白銀の城の召使いアリアンナ

新規の登場も相まって一躍かなりの人気を誇るデッキ【ラビュリンス】

罠を軸にしたこのデッキの大会優勝・入賞レシピの紹介です。

スポンサーリンク

EXデッキには墓地へ送ると効果のあるカード

迷宮城の白銀姫
ラビュリンス優勝デッキ
https://twitter.com/bookoff_kawagoe/status/1551087305112268801

EXデッキには墓地へ送られると効果のあるカードや汎用リンクになっています、新たにランク9《メレオロジック・アグリゲーター》も採用されています。

「デスキャスター」は悪魔族の定番カードになりそうですねぇ。

《メレオロジック・アグリゲーター》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/サイバース族/攻2600/守3000
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードのX素材の数まで自分の墓地のモンスターを対象として発動できる。
対象の数だけこのカードのX素材を取り除き、対象のモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

《ドラグマ・パニッシュメント》で墓地へ送ると破壊と表側1枚無効と破壊以外の方法で相手へ干渉ができますね。

また《闇のデッキ破壊ウイルス》や《天龍雪獄》などメタカードとなる罠カードが採用されています。

《深淵の獣ドルイドヴルム》

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。

そして《深淵の獣ドルイドヴルム》が墓地対策カードとして採用、環境に合うのであればコストで除外し、フィールドにモンスターが残る強烈な手札誘発となってくれます。

(2)の墓地送りによる除去まで狙えてお得感がハンパないですな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

罠軸のデッキでここまでしっかりまとまりがあり、イラストもいい…そりゃ人気でますわなぁ。

コメント