PR

《ホルスの黒炎神》《王墓の石壁》考察・勢いのある【ホルス】に新たなるカード・フィールド魔法まで登場

記事内に広告が含まれています。

「ファントム・ナイトメア」に収録される【ホルス】新規カード《ホルスの黒炎神》が公表されました。

現在出張性の高さから引っ張りだこの「ホルス」ギミックに新たな力がもたらされますが今後どう動いていくでしょうかねぇ。

公式ソース「YU-GI-OH.jp

スポンサーリンク

《ホルスの黒炎神》

ファントム・ナイトメア

効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ホルス」モンスター及び「王の棺」が存在する場合、手札のこのカードを相手に見せ、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールドのカード1枚を墓地へ送る。
(2):「ホルスの黒炎神」以外の自分フィールドの表側表示の、「ホルス」モンスターか「王の棺」が相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、フィールドの他のモンスターを全て墓地へ送る事ができる。

「ホルス」モンスターと《王の棺》を参照し、手札から公開して自分の手札・フィールドのカードを墓地へ送るまでが発動条件とコスト。

条件は中々大変ですね、特に手札に無いといけないので墓地へ送る戦法を得意とする既存「ホルス」とは違った方向性です。

しかし効果の方はシンプルかつ強力な「対象を取らない墓地送り」とかなり万能な除去効果となっています。

手札・フィールドからのコストは《王の棺》が存在すれば自己特殊召喚できる「ホルス」を充てがえば損失はほぼ無しでいけると考えるとテーマの動きとの相性も良い感じですね。

(2)は自身(同名カード含む)以外の「ホルス」モンスターか《王の棺》が相手の効果によってフィールドから離れると自身を手札から特殊召喚。

その後の処理としてモンスターを全て墓地へ送る事ができます、こちらも対象を取らない墓地送りを全体に渡り行う事ができます、任意効果となっているので状況によって発動する、しないを選択できるのも強い。

ただ(1)の効果を発動しているならばこのカードは公開されているので相手も迂闊に除去はしてこない事もあるでしょう、しかし「ホルス」モンスターや《王の棺》を除去せずに放っておく、というのも相手にとっては非常にリスキー、難しい選択を迫っていきましょう。

《王墓の石壁》

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはフィールドゾーンに存在する限り、カード名を「王の棺」として扱う。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ホルス」モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
(3):自分が「ホルスの黒炎神」の効果を発動した場合に発動できる。
自分は1枚ドローする。

王の棺

【ホルス】にもフィールド魔法が登場。

フィールドゾーンでは《王の棺》としても扱う事により、各種「ホルス」の効果発動条件を満たしていく事ができます。

(2)はデッキから「ホルス」モンスターのサーチ、発動時の効果処理ではなく、メインフェイズに発動できる起動効果、場持ちすれば毎ターンのサーチが可能で、手札に持ってきてなんぼな《ホルスの黒炎神》とも相性が良いです。

当然《ホルスの栄光-イムセティ》をサーチしてそこから更に《王の棺》をサーチして手札やデッキを回していく事もできます。

(3)の効果は《ホルスの黒炎神》が効果を発動すれば1ドロー。

《ホルスの黒炎神》限定のサポートですが、あちらの効果で手札を捨てたりするのでその損失を即座に補充してくれます、更にこのカードが《王の棺》として扱うのも効果発動条件の助けとなってくれています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

手札に無ければいけない…この点は気になりますね、特に出張で使う場合には難易度が更に上がりますね。

コメント