「P.U.N.K」に注目の気配・《アダマシア》《セリオンズ》に出張|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「P.U.N.K.」のカードがジワジワと高騰しております、今になって何故に…?と思っていましたが《アダマシア》や《セリオンズ》に出張しているようですね。

使いやすいサイキック族レベル3チューナー達を擁する【P.U.N.K.】『グランドクリエイターズ』の出張は勇者セットだけではなかった!

スポンサーリンク

《No-P.U.N.K.セアミン》

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/サイキック族/攻 600/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):600LPを払って発動できる。
デッキから「No-P.U.N.K.セアミン」以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は600アップする。

純構築ならデッキの中枢とも言えるカード。

レベル3サイキック族チューナーってだけでかなり優秀で「P.U.N.K.」モンスターをサーチできる起動効果を持っています。

これにより損失無く展開が可能となっています。

サイキック族なのでデッキから特殊召喚する《緊急テレポート》に対応しているので召喚権を行使せずに展開できるので非常に利便性が高いですね。

【アダマシア】だとレベル3なおかげで奇数シンクロにも対応できるようになりますな。

【セリオンズ】でも「ハリファイバー」ギミックを搭載でき《フォーミュラ・シンクロン》から《フルール・ド・バロネス》を相手ターンシンクロとかも良さそうですね。

出張としてのサーチ先としては《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》と《No-P.U.N.K.ディア・ノート》が人気です。

《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》

効果モンスター
星8/光属性/獣族/攻2300/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分の手札を1枚選んで墓地へ送り、デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

「P.U.N.K.」をリリースすれば特殊召喚できるレベル8モンスター。

リリース元は「セアミン」で賄えてこのカードをサーチできるので流れるような動きで展開が可能。

手札・フィールドから墓地へ送る事で「P.U.N.K.」モンスターをリクルート可能とかなり器用ですね。

手札を1枚墓地へ送る必要がありますが「セアミン」を特殊召喚すれば補填する事ができます、また【セリオンズ】では各装備対応種族を捨てる事によって展開準備をする事ができます。

【アダマシア】では召喚権を割くのがキツいので《緊急テレポート》からの動きになりますな。

しかしレベル8をポンと出せるので各レベル2チューナーと合わせればレベル10シンクロまで簡単に辿り着く事ができます、出す先はやはり《フルール・ド・バロネス》ですねぇ。

【セリオンズ】ではランク8に繋げるのを狙えますね、メインの「セリオンズ」で突破できない場面をなんとかしてくれそうです。

No-P.U.N.K.ディア・ノート

効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2100/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の「P.U.N.K.」モンスター1体を相手に見せて発動できる。
手札のこのカードと見せたモンスターの内、1体を特殊召喚し、もう1体を墓地へ送る。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、レベル5モンスター以外の自分の墓地の「P.U.N.K.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このターン、自分は「No-P.U.N.K.ディア・ノート」を特殊召喚できない。

自身と「P.U.N.K.」モンスターを手札から公開し、それらから特殊召喚・墓地送りを選べるカード。

手札の「セアミン」を特殊召喚して更にアドバンテージを獲得するもよし「ディア・ノート」を展開し素材として使い、墓地効果によって蘇生を狙うもよしですね。

手札に「P.U.N.K.」2種類は出張だとずっと安定はしないですが効果の方はどう転んでも美味しい結果になりますな。

【セリオンズ】では戦士族なので《セリオンズ“ブルズ”アイン》に対応しています。

【アダマシア】ではシンクロ・リンク素材にして蘇生効果を発動すれば更に展開の手を伸ばす事ができますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント