『遊戯王ヒスコレ』《アクセルシンクロ・スターダスト・ドラゴン》が新規収録

スポンサーリンク

『ヒストリーアーカイブコレクション』の各主人公新規カードラッシュが止まりませんね。

今回は「5D’s」から《アクセルシンクロ・スターダスト・ドラゴン》が公表されました。

名前の通り相手ターンシンクロである「アクセルシンクロ」を行える新たな絆パワーのカードとなっています。

クリアマインド!「アァァァクセルシンクロォォォ!」

スポンサーリンク

アクセルシンクロはフィールドならどれでもOK

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からレベル2以下のチューナー1体を選んで特殊召喚する。
(2):お互いのメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
EXデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
その後、自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
このターン、この効果でS召喚したモンスターは相手が発動した効果を受けない。

自身は《スターダスト・ドラゴン》ステータスなカードで素材縛りなどもありません。

なので多少構築を意識する必要がありますが汎用性のあるシンクロモンスターとして運用が可能となっております。

シンクロ召喚時に墓地からレベル2以下のチューナーを蘇生、この効果だけでも《フルール・ド・バロネス》をシンクロ召喚できるので既に結構強い気がしますね。

シンクロチューナーを蘇生できれば《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などの超大型シンクロモンスターの召喚ハードルもグッと下がりますね。

私の場合だと【アダマシア】で「バロネス」狙いが真っ先に思いつきました、また蘇生したチューナーの効果は無効にならないので効果発動を狙っていく事もできます、強い。

(2)は相手ターンにもシンクロが可能なクリアマインドの境地。

自身をリリースし《スターダスト・ドラゴン》をS召喚扱いで展開後自分フィールドのモンスターを素材にシンクロ召喚、これにより《スターダスト・ドラゴン》素材指定のモンスターにも対応できます。

この効果でS召喚したモンスターはこのターン相手の発動した効果を受けない所謂完全耐性が付与されます。

メインフェイズならフリーチェーンで発動できるので相手も安易に妨害してこれないのが強み、また完全耐性付与のおかげで相手ターンに展開しても戦闘・壊獣などのリリースと除去方法が限られるので場持ちを期待できますね。

自分フィールドから素材を選ぶのでシンクロ召喚した《スターダスト・ドラゴン》を無理に素材として使う必要はありません。

なのでかなり幅広い選択肢を持てるアクセルシンクロとなりますね《スターダスト・ドラゴン》もシンクロ召喚扱いで特殊召喚しているので蘇生制限を満たしています。

気になる点としてはこのカードと《スターダスト・ドラゴン》でEXデッキ2枠取られる所でしょうか、まぁここは贅沢な悩みでもありますかね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

汎用アクセルシンクロ可能なモンスターの中でもかなり使いやすい部類のモンスターになるかと、1枚は持っておきたい所ですね。好きなイラスト・レアリティの《スターダスト・ドラゴン》を選んでおこう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント