PR

【マナドゥム】大会優勝も目立ってきた・先行ワンキルが可能となっている

記事内に広告が含まれています。

GWに突入し、大会などのイベントも盛り上がってきています。

その中で頭角を現しだしたのが【マナドゥム】なんと先行ワンキルまでこなすとの事。

スポンサーリンク

「ボム・フェネクス」による先行ワンキル

《重爆撃禽 ボム・フェネクス》

融合・効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻2800/守2300
機械族モンスター+炎族モンスター
自分のメインフェイズ時、フィールド上に存在するカード1枚につき300ポイントダメージを相手ライフに与える事ができる。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

危険因子とされ制限カードに指定されているバーン効果を持つ融合モンスター。

【マナドゥム】のワンキルパーツとなっています、かなりデッキを回転させる事になりそれに応える【マナドゥム】の力も凄まじいものがありますね。

展開方法としては《デビル・フランケン》を使い、《トロイメア・ユニコーン》でバウンスし2度使用、名称ターン1が無いのはやはり危険か。

主要パーツについて見ていきます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

初動として《ヒーロアライブ》からの《E・HEROプリズマー》で《ヴィサス=スタフロスト》を落とすムーブも。

「バロネス」で妨害を構えてから動く事ができ、各種妨害を乗り越えてワンキルできる様です。

《デビル・フランケン》

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 700/守 500
(1):5000LPを払って発動できる。
エクストラデッキから融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。

融合モンスターをEXデッキから引き出すカード、出力方法は《スプライト・スプリンド》で墓地へ落とし、《ヴィシャス=アストラウド》を展開してリンク召喚しておいた《クロシープ》によって蘇生。

《念動増幅装置》

装備魔法
サイキック族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの効果を発動するために払うライフポイントが必要なくなる。
装備モンスターが破壊される事によってこのカードが墓地へ送られた時、1000ライフポイントを払う事でこのカードを手札に戻す。

「リナルド」や「イゾルデ」を絡めてアクセスするカード、効果発動のライフコストを0にする装備魔法。

サイキック族専用なので《デビル・フランケン》には装備不可ですが《リプロドクス》により種族を変更して装備、《デビル・フランケン》のコストを0にする事ができます。

《デビル・フランケン》に名称ターン1が無いのもやはり危険(2回目)

《WW-クリスタル・ベル》

融合・効果モンスター
星8/風属性/魔法使い族/攻2800/守2400
「WW-ウィンター・ベル」+「WW」モンスター
「WW-クリスタル・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、「WW-ウィンター・ベル」1体とレベル4以下の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》

融合・効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻1000/守 0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材として
このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
(2):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

《デビル・フランケン》からの出力先、もちろん「ボム・フェネクス」もご一緒に。

「クリスタル・ベル」で「ナイチンゲール」の効果をコピーすれば4000点のバーンダメージとなります。

コピー先は墓地参照なので「ナイチンゲール」はリンク素材にして速やかに墓地へ送り込みます。

《トロイメア・ユニコーン》の素材にして「ボム・フェネクス」をバウンスして「デビフラ」で再展開が理想ですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

今回はインパクト的にワンキル型ですが普通に《赤き竜》から「カラミティ」などを展開していくデッキも着実に結果を出しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    いい加減デビフラもまた禁止になりそうだな…