PR

【魔界劇団】新規カード《魔界劇団のゲネプロ》など強力カード|フォトン・ハイパーノヴァ

記事内に広告が含まれています。

「フォトン・ハイパーノヴァ」で収録の既存テーマ新規の1つ【魔界劇団】

良質な新規達なのでデッキが1ランク上へ向かえそうですね。

スポンサーリンク

「魔界台本」をデッキからセットし相手によって破壊された効果を能動的に狙える効果

魔界劇団-リバティ・ドラマチスト

《魔界劇団-リバティ・ドラマチスト》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守1500
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを相手フィールドに特殊召喚する。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがPゾーンからの特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードの元々の持ち主は、自身のデッキから「魔界台本」魔法カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自身のフィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果でセットしたカードはエンドフェイズに破壊される。
(2):このカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から「魔界台本」魔法カード1枚を選んでデッキに戻す。

Pスケール効果はお互いの攻撃宣言時に手札を1枚をコストに相手フィールドへの特殊召喚。

とんでもなくディスアドですが(1)の効果により莫大なアドバンテージを発生させます。

そのモンスター効果がPゾーンからの特殊召喚時に「元々の持ち主」がデッキから「魔界台本」3枚を公開してランダムにセット。

種類ではないのでデッキにあれば同名3枚で確定ヒットが可能。

セットしたカードはエンドフェイズに破壊される、ここがキモでPスケール効果で相手フィールドに展開していればセットしている魔界台本が「相手の効果で破壊」されるという条件を満たせる事。

《魔界台本「オープニング・セレモニー」》では手札が5枚になるようにドロー《魔界台本「魔王の降臨」》ならば2枚サーチが可能と爆アドというヤツですね。

自分フィールドの破壊からアドバンテージを得るリンクモンスター

魔界劇団-スーパー・プロデューサー

《魔界劇団-スーパー・プロデューサー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
悪魔族モンスターを含むモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、以下の効果から1つを選んで適用できる。
●デッキから「魔界劇場「ファンタスティックシアター」」1枚を選んで自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。
●デッキから「魔界劇団」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

新たなリンク2のモンスター、素材は悪魔族を含むモンスター2体とゆるくなっています。

メインフェイズ限定とはいえお互いのターンで発動可能な自分フィールドの表側表示カード破壊効果。

フリーチェーンなので通常魔法や速攻魔法にチェーンしてそれを破壊すれば損失無しでその後の効果を使えるので便利。

その後に2つのモードから適用できる効果があり、《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》をデッキから置く効果かデッキから「魔界劇団」PモンスターをPスケールとして設置。

柔軟な効果なので腐る事は少なそうですね。

《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の「魔界劇団」Pモンスター1体と「魔界台本」魔法カード1枚を相手に見せて発動できる。
見せた魔法カードとカード名が異なる「魔界台本」魔法カード1枚をデッキから手札に加える。
(2):P召喚した「魔界劇団」Pモンスターが自分フィールドに存在する限り、相手が発動したモンスターの効果は「相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を選んで破壊する」となる。

1枚で2枚サーチのアドバンテージの塊な通常魔法・同名カードもサーチできる

魔界劇団のゲネプロ

《魔界劇団のゲネプロ》

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから「魔界劇団」カード1枚と「魔界台本」魔法カード1枚を手札に加える。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「魔界劇団」モンスターしかP召喚できない。

テキストも短くどうしたのかと言うくらい強いカード。

純粋に1枚で2枚サーチするカードで《魔玩具補綴》を思い出すレベルですね。

発動タイミングは自分メインフェイズ1開始時と決められているのでうっかり逃さない様に注意。

「魔界劇団」カードと「魔界台本」魔法カードサーチと準備を整えるには十分な効果、また同名カードもサーチ可能となっており、おかわりの「ゲネプロ」をサーチしてくる事ができます。

付く制約は「魔界劇団」モンスターしかP召喚出来ない物、純構築ではさほど問題にはならないでしょう、他のカードでも似たような縛りが発生したりしますしね。

モンスターを入れ替えつつPスケール設置

《魔界台本「ドラマチック・ストーリー」》

《魔界台本「ドラマチック・ストーリー」》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「魔界劇団」Pモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「魔界劇団」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを自分のPゾーンに置くか破壊する。
(2):自分のEXデッキに表側表示の「魔界劇団」Pモンスターが存在し、セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
フィールドのカードを2枚まで選んで持ち主の手札に戻す。

対象とした「魔界劇団」Pモンスターと異なる名前の「魔界劇団」モンスターをリクルート。

対象としたモンスターはPゾーンに置くか破壊されます。

実質的にモンスターを入れ替える形となり、Pスケールも設置できるのでP召喚の助けにもなります。

破壊された場合の効果を持つモンスターなどでアドを稼いでいけますね。

(2)は条件を満たし、セットされたカードが相手によって破壊された場合の「魔界台本」お馴染みの効果、対象を取らない2枚バウンスと非常に質の高い除去となっております。

コメント