EX0フェス【ふわんだりぃず】中々にツラい・マスターデュエル

スポンサーリンク

7月19日から始まった「マスターデュエル」の新しいフェス、「EX0フェスティバル」

先日から早速飛び込んでみましたがやはり、というかレンタルデッキも用意されている【ふわんだりぃず】が多く厳しい闘いで白目になっています。

マスターデュエルだと資産的にメタカードにCPを回しづらいのが厳しい…

スポンサーリンク

レンタルデッキでも中々に強い

レンタルデッキでの【ふわんだりぃず】は《ディメンション・アトラクター》や手札誘発が入っていないませんが【ふわんだりぃず】としてのデッキの動きは大方できます。

モンスターとしてはバウンス除去の《烈風帝ライザー》や特殊召喚メタの《烈風の結界像》が入っていない所でしょうか。

レンタルでもかなりの強さを誇り、生半可なデッキだとアド差や各種妨害などで簡単にやられてしまいますね。

僕は反骨心で【マシンナーズ】レンタルデッキでもプレイしてみましたが《リミッター解除》を通して差し込み勝ちを狙いに行く感じになりました、火力は全てを解決してくれます。

レンタルデッキでも《ライトニング・ストーム》《サンダー・ボルト》《ハーピィの羽根帚》と【ふわんだりぃず】が苦手とする捲り札がガッツリ入っているのが救いです。

レンタルではなく自身構築でハイレベルに作られた【ふわんだりぃず】だと苦しいというか正直に言うとストレスがとてもヤバいです、僕のメンタルでは数戦しか耐えられません(汗)

規制が甘すぎた

基本的に今回のフェス規制が明後日の方向に飛んでいってしまってる感じがします。

【ふわんだりぃず】は壺が無いくらいでほぼほぼフルパワーなのに【真竜】に規制が入っているなどなど。

デッキパワー的な所を考えると【ふわんだりぃず】からは何か規制しておくべきだったんじゃないかなと個人的に思います、フェスでの限定的な規制ですし。

新登場テーマの販促の為に…ってのも分かるのですが。

対策カードがちょっと面白い往年の「苦痛ワンフー」

対策カードでちょっと話題になっているのが《王虎ワンフー》ですね。

《王虎ワンフー》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、攻撃力1400以下のモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、その攻撃力1400以下のモンスターを破壊する。

下級モンスター封じですね、OCGで昔からあって猛威を振るったカードです。

「マスターデュエル」ではSRなので生成するのがちょっと大変、《強者の苦痛》と組み合わせるといわゆる「苦痛ワンフー」システムの完成です。

《強者の苦痛》

永続魔法
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターのレベル×100ダウンする。

大型モンスターは《強者の苦痛》でサイズダウンさせます。

これにより下級・上級以上を睨める構成って訳ですな。

普通に対策するなら《アーティファクト-ロンギヌス》が丸いですね、ランクマッチでも【ふわんだりぃず】と当たるので作って損なしカードです。

《アーティファクト-ロンギヌス》

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

サービス開始時当初に愛用していた【エルドリッチ】引っ張り出すのも良いですね。

コメント