【相剣】「真竜皇」軸を構築してみての感想|シナジーの完成度がやはり高い

どうも僕です、イベントも止まっていて中々モチベが上がりませんが構築でハマっているのはもっぱら【相剣】なのでネタも相剣です。

今回は派生した混合デッキから「真竜皇」とについてとなります。実戦調整は取れずですが、大体強みなどは把握できてきたので一旦まとめてみます。

無難さかつシナジーを持ち合わせるならば【天威相剣】ですな、いやしかし【相剣】無限に遊べますね。

最初は「電脳堺」軸とセットで紹介予定でしたが「真竜皇」だけで力尽きたので【電脳堺相剣】はまた今度の機会に書く事にします(汗)

スポンサーリンク

「真竜皇」メインデッキの補強がピカイチ

まずは「真竜皇」軸、嬉しいポイントはメインデッキにビッグなモンスターが入るのでEXデッキに依存せず強さを押し付ける事ができる点。各種「真竜皇」の固有効果達も強烈です。

また2枚破壊もディスアドバンテージに繋がり気味な印象もありますが各種「真竜皇」の被破壊時効果によってバシバシアド取っていきますねぇ。

EX3枚ピーピング除外はエグい「リトスアジムD」

特に「リトスアジムD」のEX3枚ピーピング除外はえげつないですね、問題はトリガーの為の地属性確保が難しい点ですね。安定してたらもっとヤバいので地属性「相剣」新規ください。

破壊され場合の蘇生も素直で使いやすいですね。

殴り最強・固有効果も上々な「アグニマズドV」

同属性破壊の固有効果はフィールド・墓地から対象を取らない除外、かなりの範囲で除去を行う事ができる上に2900打点と真竜皇としてアタッカーとしても活躍してくれます、「相剣」の炎属性からは「龍淵」が対応しています。

破壊されるとサーチ、手札と相談してカードを適宣選びましょう。

パワフルなフィールド魔法《ドラゴニックD》

フィールド魔法
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

【真竜】とも共有できるつよつよフィールド魔法、制限カードな上にサーチも《テラ・フォーミング》に頼る事になるのであくまで上振れ要素になります。

真の力を使える様になる「V.F.D.」

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

「真竜皇」においての「V.F.D.」は(2)の効果も狙っていく事ができます、効果破壊するモンスターを相手フィールドから賄えるという効果。対象も取らないのでサクリファイスエスケープ不可。

ただ惜しむらくは「V.F.D.」を立てる為の消費が多い所、良く言えば依存しきらないとも言えます。それと「V.F.D.」は次回改訂で御用になる可能性が高めな所ですかねぇ。

シンクロ召喚しているとサーチ先がググっと増える魔法のカード

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「相剣」モンスター1体を手札に加える。
自分フィールドにSモンスターが存在する場合、代わりに幻竜族モンスター1体を手札に加える事もできる。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの、「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

「天威」「真竜皇」「電脳堺」と軸を増やせているのもこのカードがとても強力な接着剤になっているというのが個人的な感想。幻竜族デッキ界のパワー・ボンド。

除外時のレベル変動によりレベル10シンクロの《相剣大公-承影》のレベルを下げれば強引に「V.F.D.」素材にも、逆に8シンクロを組める時に1下げると《邪竜星-ガイザー》へ繋げれたりと想像以上に器用です。

シンクロモンスターが居るだけで幻竜族サーチに早変わり。幻竜族サーチならば《幽麗なる幻滝》がありますが罠カードの遅さが気になる所。手札交換の部分で差別化ですかねぇ。

通常罠
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから幻竜族モンスター1体を手札に加える。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、幻竜族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
自分は墓地へ送ったモンスターの数+1枚をデッキからドローする。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

【相剣】こんなにハマるとは思わなかったです。今のOCGモチベはこのデッキのおかげです。「娘々」再録もあり本屋を巡って書籍プロモを集め「電脳堺」軸まで手を出す事になるとは…

デッキ解説
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント