《撃鉄竜リンドブルム》考察《烙印融合》から出す候補になり得る性能

リンドブルム
リンドブルム

新たな《烙印融合》から直接召喚できる《撃鉄竜リンドブルム》について。

カードパワー的に十分なので「ミラジェイド」などと並びデッキ融合先の候補の1つとなってくれます。

スポンサーリンク

《撃鉄竜リンドブルム》

撃鉄竜リンドブルム
融合・効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。
その後、フィールドのモンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。
(2):相手ターンに、このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の「アルバスの落胤」1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードの内、1体を特殊召喚し、もう1体を除外する。

素材は《アルバスの落胤》と「トライブリゲード」の対応3種族から。

素材から妨害を増やす手として《鉄獣戦線 ナーベル》をデッキ融合素材として墓地へ送り「トライブリゲード」モンスターをサーチ《鉄獣鳥 メルクーリエ》をサーチすれば「メルクーリエ」によってモンスター効果無効を増やす事ができます。

「ルベリオン」「アルビオン」などを挟まずによく、1度の特殊召喚で出せる上に効果無効をできるので《増殖するG》受けに持って来いのカードです。

《鉄獣鳥 メルクーリエ》

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻 800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
「鉄獣鳥 メルクーリエ」を除く、「アルバスの落胤」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

能動的に除外すれば(2)の効果でサーチができるので無効効果を使った後も旨味のある優秀なカード。

収録はストラクチャーデッキ「アルバ・ストライク」です。

「リンドブルム」による効果無効

「リンドブルム」による効果無効は融合やシンクロなど「EXデッキから出てくる系のモンスター効果を無効」これだけだとそれほどな感じですがその後の処理により対象を取らないバウンスができるので非常に広い除去範囲を持ちます。

対象を取らない事で耐性の突破はもちろん、このカードの(1)の効果発動時に何を戻すのかは決めないので相手もかなり適切な捌き方をするのは難しいです。

モンスター効果を無効にしつつ他の邪魔なカードを除けに行けるのは便利ですね。

(2)は相手ターンに墓地の《アルバスの落胤》を対象に「リンドブルム」か「落胤」片方を蘇生・もう片方を除外する効果。

「リンドブルム」蘇生で効果無効要因を確保《アルバスの落胤》蘇生で相手モンスターを巻き込んでの融合と戦況に合わせて柔軟に動いていく事ができます。

コメント