新カード情報《宝玉神覚醒》《宝玉の玲瓏》|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遊戯王OCG『ストラクチャーデッキ 宝玉の伝説』に収録される新規カード《宝玉神覚醒》《宝玉の玲瓏》の2枚が公表されました。

他にも再録情報も公表されました《宝玉の絆》が無事再録となりましたね。

スポンサーリンク

《宝玉神覚醒》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札の「究極宝玉神」モンスター1体を相手に見せ、以下の効果から1つを選択して発動できる。
または自分フィールドに「究極宝玉神」モンスターが存在する場合、以下の効果から1つ、または両方を選択して発動できる。
●デッキから「架け橋」カードまたは「オーバー・ザ・レインボー」1枚を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
●自分の手札・デッキ・墓地の「宝玉獣」モンスター1体または自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」モンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

2つのモードを持つ速攻魔法、手札から「究極宝玉神」を見せるとモードを1つ選択して発動でき、自分フィールドに「究極宝玉神」が存在すると2つ両方選択する事ができます。

モードはデッキから「架け橋」カード「オーバー・ザ・レインボー」のサーチor墓地送り。

「架け橋」カードについては《虹の架け橋》《救いの架け橋》が対応しています。

どちらもサーチ効果を持つカードなのでサーチのサーチといった感じで扱う事が可能。

2つ目のモードはあらゆる場所から「宝玉獣」を特殊召喚する効果。

展開効果を持つ《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を特殊召喚すれば大量展開に持っていく事もできますね。

《宝玉の玲瓏》

永続罠
(1):「宝玉の玲瓏」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「宝玉獣」モンスターの攻撃力は、その元々の守備力分アップする。
(3):自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが置かれた場合、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の手札・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分が受ける全てのダメージは半分になる。

「宝玉」永続罠、自分フィールドに1枚しか表側で存在ができません。

(2)の効果は「宝玉獣」モンスターの攻撃力が元々の守備分上昇、守備力が高く攻撃力が低めの「宝玉獣」においてこのパンプアップは非常に有り難い効果となっています。

《宝玉獣 サファイア・ペガサス》で攻撃力3000に到達し、十分にアタッカーとしての運用が可能となります、これらのモンスターがズラリと並ぶとかなりの攻撃力となるでしょう。

(3)は「宝玉獣」が魔法・罠ゾーンに送られたらこのカードを墓地へ送り手札・墓地から「宝玉獣」を特殊召喚と自分が受けるダメージを半減。

魔法・罠ゾーンの空きが重要な要素である【宝玉獣】で自分で場を空ける効果を持っているのは器用ですね。

再録カード

「再録カード」
降雷皇ハモン
屋敷わらし
虹の架け橋
ドラゴン・目覚めの旋律
コズミック・サイクロン
究極宝玉陣
メタバース

「超越する絆の光パックの再録カード」
究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン
究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン
宝玉の絆

《究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン》と《宝玉の絆》の再録が嬉しいですね。

これらが再録無かったら流石に恐ろしい値段になりそうなので…

遊戯王.jp https://yu-gi-oh.jp/news_detail.php?page=details&id=1305

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント