PR

《エレキハダマグロ》など「エレキ」新規により《エレキングコブラ》の需要が高まりじわりと高騰

記事内に広告が含まれています。

先日公表された「エイジ・オブ・オーバーロード」に収録される新たな「エレキ」モンスター達。

そこで需要が高まっているのが《エレキングコブラ》他のエレキである《エレキリン》《エレキリム》はトーナメントパックで再録されますな。

スポンサーリンク

手札からもシンクロ素材にできる「エレキ」新規おさらい

《エレキハダマグロ》

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻 800/守 700
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与えたダメージステップ終了時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
このカードと、チューナー以外の自分の手札・フィールド(表側表示)のモンスター1体以上をリリースし、リリースしたモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つ「エレキ」Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

戦闘ダメージに反応して特殊召喚できる「エレキ」戦闘でダメージを与え、自身を展開し、自身も直接攻撃できるのでそのまま攻撃。

そうする事によって自身と手札・フィールドからモンスターをリリースし同レベル「エレキ」シンクロモンスターを特殊召喚できるギミック。

また手札で発動している「雷族」モンスター効果なので《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を展開する事もできます。

《エレキュウキ》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻1600/守1700
「エレキ」チューナー+チューナー以外の雷族モンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分の墓地の「エレキ」チューナー1体と、チューナー以外の自分フィールドの表側表示の雷族モンスター1体をデッキに戻し、EXデッキから「エレキュウキ」以外の「エレキ」Sモンスター1体を特殊召喚する。

《エレキハダマグロ》での特殊召喚先筆頭、このカードもダイレクトアタックが可能となっているのでまとまったダメージのチャンスです。

このカードも直接攻撃でのダメージ付与により墓地からチューナー非チューナーをデッキに戻しエレキシンクロモンスターを展開できます。

レベル参照しないので《エレキマイラ》《エレキリム》を出力する事ができ、そこからまた追撃が可能。

《エレキングダム》

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード及び自分フィールドの「エレキ」モンスターの、正面の相手モンスター自身の召喚・特殊召喚成功時の効果を相手は発動できない。
(2):自分フィールドの「エレキ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「エレキ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
その後、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力分のLPを失う。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は雷族モンスターしか特殊召喚できない

正面に出てきたモンスターの召喚時効果を発動できなくする永続魔法、盤面を埋めれば結構な制圧が可能に、このカードの正面も含みます。

EXモンスターゾーンがある場所は縦2列あるので優先して埋めたい所、リンクモンスターはまず必然的にEXモンスターゾーンに展開されるのもありますね。

(2)の効果は「エレキ」モンスターの入れ替え、ライフを失いますが好きなエレキと入れ替えは有力。

需要は再録されなさそうな《エレキングコブラ》に集まりだすか

《エレキングコブラ》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1000/守 500
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分のデッキから「エレキ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

上記の買取はトーナメントパックでの再録判明前のものとなっています、ただ《エレキマイラ》も再録は決まってないのでこちらも需要が伸びそう。

サーチ効果を持つ《エレキングコブラ》は素直に使いやすいカードとなっています、ノーマルで100円買取となっています。

《エレキマイラ》はウルトラで100円買取、アルティメットで150円買取に。

ここから更に大きく高騰…とはいかないかもしれませんが地味に値段がする様になりましたねぇ。

コメント