PR

《ヴィサス=サンサーラ》出張性の高いカード・1枚から各EXモンスター+《ヴィシャス・アストラウド》

記事内に広告が含まれています。

今回は個人的に気になっているカード《ヴィシャス=サンサーラ》について。

召喚権を使うものの1枚からの出力の高さが魅力となっています。

スポンサーリンク

【スケアクロー】と組み合わせる事で展開力アップ

《ヴィシャス=サンサーラ》

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1500/守2100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ヴィサス=スタフロスト」として扱う。
(2):自分のフィールド・墓地・除外状態の「ヴィサス」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
その「ヴィサス」モンスターをデッキに戻し、このカードを手札から特殊召喚する。
このカードの攻撃力は、この効果で戻した種類×400アップする。
(3):自分フィールドのこのカードをS素材とする場合、このカードをチューナー以外のモンスターとして扱う事ができる。

レベル4光属性・天使族のチューナーモンスターとなっています、今回はこのシリーズでも「戦士族」ではなくなっていますね、《増援》に対応しないのがちょっと残念。

「世壊」下級モンスターらしく攻撃力1500・守備力2100のモンスターのサポートカードの恩恵を受ける事が可能。

フィールド・墓地にて《ヴィサス=スタフロスト》として扱います、これがまた重要なポイントになってきます。

自己特殊召喚効果として各場所の「ヴィサス」モンスターをデッキに戻して自身を手札から特殊召喚。

デッキに戻すのは同名カードでも可能なのが嬉しいところ。

《ヴィシャス=アストラウド》を特殊召喚するにあたり除外するので除外状態にも対応しているのがいいところ。

展開ルート

《ヴィサス=サンサーラ》を召喚、《スケアクロー・ライトハート》をリンク召喚して《肆世壊=ライフォビア》→《スケアクロー・ライヒハート》とサーチ。


《スケアクロー・ライヒハート》を特殊召喚し《肆世壊の新星》をサーチし発動、《ヴィサス=サンサーラ》を蘇生。


《ヴィサス=サンサーラ》と《スケアクロー・ライヒハート》でレベル8をシンクロ召喚またはリンクなど、素材にした2体を除外して《ヴィシャス=アストラウド》を特殊召喚。

《ヴィシャス=アストラウド》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻3000/守3000
「ヴィサス=スタフロスト」+攻撃力1500/守備力2100のモンスター
自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力と元々の守備力の内、高い方の数値の半分だけこのカードの攻撃力をアップする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。

後攻向けのカードですが戦闘破壊耐性などを見込んで先攻時手がなければ特殊召喚して壁にするのも手。

レベル8シンクロやリンク召喚を行ったついでに出せるにしては強力なモンスターとなっています。

またレベル8シンクロを行った場合にはレベル8が2体並ぶのでそこからランク8エクシーズに繋げれば先攻でも制圧モンスターを敷く事ができます。

その際はレベル8シンクロはアドを稼ぐ効果のモンスターにしたい所ですね。

また特に召喚縛りは無いのでランク4エクシーズを組む事も可能、そのターン時に素材を2つ消費できないと《ヴィシャス=アストラウド》までは繋がりませんがデッキによっては先攻ランク4、返しのターンで「アストラウド」も強力なムーブとなりそうです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

僕は枠に穴が空いている【テラナイト】に採用しているギミックです。

コメント