PR

《征覇竜-ブレイズ》汎用ランク7エクシーズ・対象を取らない破壊が売り・自己蘇生効果もある

記事内に広告が含まれています。

Vジャンプ(2023年11月号)の付録カードとして収録される《征覇竜-ブレイズ》ランク7エクシーズモンスターであり、かつての「征竜」をモチーフとしたカード。

汎用性の高さと一定の強さ自体はあるのでデッキやフリースロット次第では選択肢にも入ったりしそうです。

カジュアルフリーとかだといい感じもありますね。

公式ソース「YU-GI-OH.jp

スポンサーリンク

《焔征竜-ブラスター》を意識した効果を持つランク7エクシーズモンスター

征覇竜-ブレイズ

《征覇竜-ブレイズ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/炎属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
レベル7モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の手札・フィールドのカード1枚と相手フィールドのカード1枚を破壊する。
(2):ドラゴン族か炎属性モンスターを自分の手札・墓地から2体除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合にEXデッキに戻る。

焔征竜ブラスター

ランク7エクシーズモンスター、モチーフとなったカードは勿論《焔征竜-ブラスター》ですね。

攻撃力は2800で守備力が1800と《焔征竜-ブラスター》と同じステータスを持っています。

破壊する効果を持っている点も似せている感じがあります。

素材は汎用でレベル7ならウェルカムな仕様、Vジャンプ付録のEXデッキに入るモンスターという事もあり汎用性が重視された点もあるかもしれませんね。

(1)の効果はエクシーズ素材1つをコストに自分の手札・フィールドのカードと相手フィールドのカード破壊、交換としては1:1となり、アド損まではしないようになっています。

強みは対象を取らない所、この手の効果で対象を取るとエスケープされる裏目も大きいですからねぇ、自分のカードだけ破壊する事になると流石に痛手となります。

自分のカードを破壊する事でアドバンテージを稼ぐのが分かりやすい活用方法となりますがランク7を展開できるそういったテーマというのがちょっと難しいですかね。

逆に汎用で枠が余れば取ってもいいかもという感じはあります、対象を取らない破壊と効果を使うには素材を足してやる必要がありますが自己蘇生もありますからね。

自己蘇生は征竜のように手札・墓地からドラゴン族か炎属性モンスター2体を除外すれば帰ってきます、フィールドから離れるとEXデッキに戻ります、「征竜」達も手札に戻るのでそこを意識でしょうか、また除外されるとかの場合だったら色々他に活用方法が出てくるので調整された感じもします。

炎属性で自分のカードも破壊できるので直近の発売となるストラクチャーデッキR「炎王の急襲」を意識…と思っても【炎王】ではランク7を出せませんね、ただ《焔征竜-ブラスター》と《黒魔女ディアベルスター》を差し込めば見えてくる所でもありますね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

「征竜」…僕は好きなので今なら緩和しても良さそう?そしたら使ってみたいですね。他の属性のエクシーズも出るのでしょうか。

コメント