PR

《誓いのエンブレーマ》考察「センチュリオン」名称を持たないが強力な2つの効果を持つ速攻魔法

記事内に広告が含まれています。

遊戯王OCGデッキビルドパックの新作「ヴァリアント・スマッシャーズ」にて収録の【センチュリオン】からテーマサポート速攻魔法《誓いのエンブレーマ》が公表されました。

テーマ名である「センチュリオン」名称こそ持ちませんがその分効果はガッツリしていますね。

スポンサーリンク

「センチュリオン」モンスターを罠として置く・魔法・罠をセットする選べる2種の効果

誓いのエンブレーマ

《誓いのエンブレーマ》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「センチュリオン」モンスター1体を永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
このターン、この効果で置いたカードまたはそのカードと元々のカード名が同じカードが自分フィールドに表側表示で存在する間、自分は「センチュリオン」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●デッキから「センチュリオン」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットする。

「センチュリオン」をサポートする速攻魔法、テーマ向けカードですがこのカードは「センチュリオン」名称を持っていませんね。

2つのモードから効果を選択して使うカード、最近多いですねぇ。

1つ目はデッキから「センチュリオン」モンスターを永続罠として置く効果、「センチュリオン」ならばここから展開に行けるので実質リクルートとも言えますね、ただしこの効果で置いたカード・同名カードが表側で存在すると「センチュリオン」のみのEXデッキ特殊召喚縛りが発生します。

「デッキから置く」ので《灰流うらら》などに引っかかりませんが、「センチュリオン」縛りがあるので話題の「レッド・デーモン・カラミティ」ルートは考え直す必要がありますね。

2つ目の効果はデッキから「センチュリオン」魔法・罠カードをセットする効果、シンプルに使いやすい効果となっていますね。

しかし現状「センチュリオン」で通常魔法といったカードは無いので速攻魔法や罠カードを選択する事が多くなると思われるのでそのターンに使用するのは難しめ、相手ターンに動く事を考えたり《誓いのエンブレーマ》自体を相手ターンの安全そうなタイミングで発動して自分ターンを迎えるといった使い方になりそうですね。

コメント