PR

《鉄獣式強襲機動兵装改“BucephalusII”》リンク5の最終決戦用「シュライグ」

記事内に広告が含まれています。

「フォトン・ハイパーノヴァ」でストーリーも大詰めを迎えようとしています。

そして登場するのは「シュライグ」の最終決戦仕様とも言える《鉄獣式強襲機動兵装改“BucephalusII”》が登場。

特殊召喚条件付きのリンク5モンスターと超大型となっています。

スポンサーリンク

自身と相手フィールドを全て除外する爆発力

鉄獣式強襲機動兵装改“BucephalusII”

《鉄獣式強襲機動兵装改“BucephalusII”(トライブリゲード・アームズ ブーケファルス ツー)》

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/鳥獣族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/左下/下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター3体以上
自分の墓地の「トライブリゲード」魔法・罠カードが2枚以下の場合、このカードはEXデッキから特殊召喚できない。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がモンスターの特殊召喚に成功した時には、相手は効果を発動できない。
(2):モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
EXデッキから獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。

3体以上の素材でリンク5となるモンスター。

EXデッキから特殊召喚するには条件が設けられており、墓地に2枚以上の「トライブリゲード」魔法・罠を求められます。

リンク5かつこの条件で《鉄獣の抗戦》や各「トライブリード」のリンク展開効果があっても大変そうです。

《鉄獣の凶襲》《鉄獣の血盟》といった展開サポートの魔法・罠と併用するのが良さそうですね。

(1)は自分のモンスターの特殊召喚に対する効果発動を許さない効果、これにより着地は安全に行えますが、その後の安全までは保証されません。

(2)が本命とも言える効果、モンスターの攻撃宣言に併せて自身と相手フィールドのカードを全除外。

攻撃がトリガーかつ本人に耐性が無いので隙は大きいですが決まればとてつもなく強烈、ただし攻撃力3500の自身も失う事になりますが…

ストーリー展開と合わせたトップデザインの効果だとすると「シュライグ」…散るのか…?

(3)は墓地へ送られるとEXデッキから墓地肥やし、(2)が通ると除外ですが通らず除去された場合などの保険効果として働きます。

各「トライブリゲード」リンクモンスターを落とせば共通効果での特殊召喚の助けとなってくれます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

最終決戦仕様で兵装モリモリ!?フルアーマーシュライグって呼んじゃいそうなガンダム好きです。

コメント