PR

《黒魔女ディアベルスター》【R-ACE】とも相性の良さを発揮するカード

記事内に広告が含まれています。

「エイジ・オブ・オーバーロード」で登場しトップレアとなっているカード《黒魔女ディアベルスター》様々な使い方が研究されていきそうですが、今回は分かりやすいシナジーとして【R-ACE】との組み合わせにフィーチャーしていきます。

スポンサーリンク

「スネークアイ」が炎属性レベル1サポーターなのがアツい

《黒魔女ディアベルスター》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「罪宝」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットする。
(3):このカードが相手ターンに手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。

まずは大元となる《黒魔女ディアベルスター》のカード・効果について解説・紹介していきます。

(1)は自身の特殊召喚、必要となるのは手札・フィールドのカードを墓地へ送ると容易に達成できる物となっています、墓地も肥やしながら展開ができると考える事もできますね。

(2)は召喚時に「罪宝」魔法・罠カードをでっきっからセットする事ができます、【R-ACE】で使う「罪宝」は《原罪宝-スネークアイ》となっています、こちらの詳細はまた後述します。

(3)の効果は相手ターンに手札・フィールドから自身が墓地へ送られる事で手札・フィールドのカードを墓地へ送り慈氏院を特殊召喚。

相手ターン限定とはいえ(1)の展開効果に似た方法で自己蘇生する事ができます、効果無効や除外されるデメリットの類が一切無いのがポイント。

《R-ACEハイドラント》へアクセスできる「罪宝」

《原罪宝-スネークアイ》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの表側表示カード1枚を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スネークアイ」モンスターか「ディアベルスター」モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を手札に加える。
その後、対象のモンスターをデッキの一番下に戻す。

フィールドの表側カードを墓地へ送り手札デッキからレベル1・炎属性モンスターを特殊召喚する罪宝、フィールドから墓地へ送るカードとしてはこのカードをセットするために展開した《黒魔女ディアベルスター》が候補となるでしょう。

このカードでの特殊召喚先は【R-ACE】ではもちろん《R-ACEハイドラント》となります。

《R-ACEハイドラント》

効果モンスター
星1/炎属性/機械族/攻 0/守 0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「R-ACEハイドラント」以外の「R-ACE」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「R-ACE」カードの効果でセットした速攻魔法・罠カード1枚はセットしたターンでも発動できる。
(3):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「R-ACEハイドラント」以外の「R-ACE」モンスター1体を手札に加える。

攻守0/0と頼りないボディですが、他に「R-ACE」が居れば攻撃・効果対象になりません。

「R-ACE」効果でセットした速攻魔法・罠カードをセットしたターンに発動可能となり、特有のタイムラグを解消する事ができ、高速化したデュエルで速度負けする事を防いでくれます。

さらに自分メインフェイズに「R-ACE」モンスターサーチと至れり尽くせりな効果。

この是非とも添えておきたいカードですが召喚権のやりくりなど少し考えておかねばならなかったカードですが《黒魔女ディアベルスター》の登場によってアクセス手段が1つ増え、安定度の向上を見込む事ができます。

サーチとドロー・再利用ができるサポート魔法

《“罪宝狩りの悪魔”》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のデッキ・墓地から「ディアベルスター」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、「“罪宝狩りの悪魔”」以外の自分の墓地・除外状態の「罪宝」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキの一番下に戻す。
その後、自分は1枚ドローする。

一緒に採用したい《黒魔女ディアベルスター》サポート速攻魔法、こちらも「罪宝」魔法となっています。

「ディアベルスター」モンスターをデッキからサーチ、または墓地から回収する事ができます。

墓地から除外すれば「罪宝」魔法・罠をデッキボトムに戻して1ドローとアドバンテージ源にもなってくれます、これにより《原罪宝-スネークアイ》を再利用しながら手札を補充していく事ができますね。

これにより《黒魔女ディアベルスター》の回転力が上がりデッキの回転数も自然と上がっていきデッキの高出力化を望めます。

コメント