【D-HERO】「Bloo-D」を軸にして考える・こりゃ嬉しい新規ですね

「アニメーションクロニクル2021」から1週が経ち、私もデッキを触りだし【SR】もSRスクラッチが2枚集まりなんとか形にできそうです。やっぱり3枚欲しいですが(汗)

そんな中、今日は久々にショップへ出向きました。ショップの目的はMTGを久々にプレイしに行く事でしたがOCGのカードも買い足し。

そこで買ったのがD-フォース!もう少し手持ちデッキがまとまるのを待てず購入となりました、やっぱショップで直接購入は魔力がありますね。

スポンサーリンク

ファリス無しで展開を考える所から

私はファリスを持っていないのでBloo-Dのリリースを確保する為には少々ハンデが(汗)

そこでお世話になりそうなのが《ドクターD》

通常魔法
(1):自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「D-HERO」モンスター2体を対象として発動できる。
対象のモンスター1体の攻撃力は、もう1体のモンスターの攻撃力と同じになる。

ターン1が無い蘇生札ですね。除外こそ必要ですがそこはやむなし。

蘇生対象と除外コストの2体のDが必要ですが《フュージョン・デステニー》によるデッキ融合を行ったり《デステニー・ドロー》によって墓地を肥やしていく事も。

ドリルガイやディボリックガイによる展開も駆使すればなんとかリリースは確保できそうですね、クロスガイを経由しての蘇生も悪く無さそうです。《ヒーローアライブ》も相変わらず強力な武器となってくれますね。

ディボリックガイにはそろそろ戻ってきて欲しい…ともあれリリース分は展開力に難があったHEROでも現在ではなんとかなりそうです。

《D-フォース》引けてなければ別プラン

サーチが手段が無いD-フォース。当然リスクを承知で3積みにBloo-Dをサーチだけではなくサルベージも可能なので重ね引きも場合によってはアリですね。

《D-フォース》
永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキ・墓地から「D-HERO Bloo-D」1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「D-HERO Bloo-D」が存在する限り、以下の効果を適用する。
●自分ドローフェイズにドローできない。
●自分フィールドのカードは相手の効果の対象にならない。
●自分フィールドの「D-HERO Bloo-D」は、
攻撃力がお互いの墓地のモンスターの数×100アップし、相手の効果で破壊されず、1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

ただ自分のドローを封じてしまうので自滅しかねないリスクもありますが効果適用にはフィールドのBloo-Dを参照するのでBloo-Dが居る内はおそらく有利でしょうしそこはなんとか?って所ですね。

このカードが無い内はBloo-Dを安易に出しちゃうのもリスクが大きそうですね…《マスク・チェンジ》などを採用してダーク・ロウや融合D-HEROモンスターに凌いでもらうのが丸そう。

デッキのD-HEROカテゴリ魔法枠は《フュージョン・デステニー》《ドクターD》《D-フォース》《デステニー・ドロー》とかなり分かりやすい感じになりそうっすな。

D-フォース適用中のBloo-Dは相当強くなりそうなのでシンプルプランで大変良い良いというのが私的感想。

しかし凌ぎ方や各モンスターの使用タイミングといったプレイングはシンプル故に中々難しそうな予感はしますね。

コメント