『遊戯王』《ガーディアン・キマイラ》ドンドン株が上がるモンスター・ドラゴスタペリアとズッ友

ラッシュデュエルにハマりつつあるのでラッシュの記事も増やしていこうかなと思いつつある日々です。

しかし今日は最近の遊戯王OCGシーンで躍進しているカードにスポットを当てましょう。

そのカードこそ《ガーディアン・キマイラ》先輩です。

汎用とは言え3体素材で重たいなぁと思われていましたが昨今の融合ブームで彼の登場機会はとても多くなりましたね。

また《捕食植物ドラゴスタペリア》とセット運用される事も多いですね。

《ガーディアン・キマイラ》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/獣族/攻3300/守3300
カード名が異なるモンスター×3
このカードは手札と自分フィールドのモンスターのみをそれぞれ1体以上素材とした融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカードの(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法カードの効果で融合召喚した場合に発動できる。
手札で融合素材としたカードの数だけ自分はデッキからドローし、フィールドで融合素材としたカードの数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊する。
(2):自分の墓地に「融合」が存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならない。

3体素材ですが指定はカード名が異なればOKなので素材自体は緩めですね。

しかし「手札」と「フィールド」両方からそれぞれ1体は素材にしないといけないのが思ったより重たさに拍車をかけています《超融合》とかもダメだよとされていますね。

融合するのは重たいですがドロー効果と対象を取らない破壊によってアドバンテージ面で劣る事は少ないかと、ロマン派にみえて実はリアリストな効果ですねぇ。

《融合》が墓地にあれば対象にならないので《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》を食らわないので安全です、逆に食らうと泡吹きます。

【デスピア】で採用され『アルバ・ストライク』の発売でドーンと跳ねる!

登場初期は【デスピア】で採用され地味に活躍していました。

《烙印劇城デスピア》の融合効果などで負担を最低限にする事ができますからね。

《デスピアの大導劇神》や《悲劇のデスピアン》も融合素材にすると特殊召喚できたりサーチしたりとアドアドしいですからねぇ。

そしてストラクチャーデッキ『アルバ・ストライク』の登場によって【デスピア】【烙印】は一躍メジャー化しました。

豊富なサーチ手段による安定やデッキ融合を手に入れ、手札リソースを非常に潤沢にする事ができるようになり《ガーディアン・キマイラ》の株は更に上がりました。

速攻魔法融合手段である《赫の烙印》を使えば場面次第では相手ターンに融合召喚できます、妨害・除去からエスケープしたり破壊効果で相手の出鼻をくじく事ができます。

《赫の烙印》1枚サルベージできるとは言えは除外して融合なので若干リソース面が気になるのでどうしてもひっくり返したい時推奨です。

また【デスピア】と相性の良い《魔玩具補綴》セットも非常に有用、耐性付与の条件である《融合》と素材を確保でき、手札コストを求められる場面も多いので素引きしたデストーイサーチである《エッジインプ・チェーン》を捨てるとアドでしかありません、ニヤニヤできます。

《捕食植物ドラゴスタペリア》とセット運用が目立つ

融合・効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻2700/守1900
融合モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

《ガーディアン・キマイラ》とセット運用される事が多い「ドラゴスタペリア」フリーチェーンで捕食カウンターを置けてレベル変動・効果無効と妨害手段を持っています。

効果を使い終えた《ガーディアン・キマイラ》を素材にして制圧に切り替える事ができます、もちろん他の融合モンスターを素材にするのもアリと器用な1枚。

こちらも《赫の烙印》と非常に相性がよく融合モンスターが除去られそうになったら出す選択肢が生まれます。

効果無効のみならずレベル変動が中々に優秀でシンクロ・エクシーズに対してかなりの戦果を期待できます。

《烙印劇城デスピア》の効果で蘇生しても旨味があるのもポイント。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

足らない制圧・妨害要素をこなしてくれる2枚なのでこれらのセットはオススメです。

コメント