『遊戯王』VJ4月号付録《真紅眼の黒星竜》効果判明・便利な潤滑油となってくれるか

スポンサーリンク

『Vジャンプ2022年4月号付録』カードである《真紅眼の黒星竜》が公表されました。

レベル6闇属性ドラゴン・自己特殊召喚・レベル変動・《真紅眼融合》サーチといったそれぞれの効果から見える物を見ていきましょう。

スポンサーリンク

メリットとなるコストで自己特殊召喚・レベルを1上げる

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・デッキからレベル5以上の通常モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを1つ上げる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「真紅眼融合」1枚を選んで手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

自己特殊召喚する為のコストは「手札・デッキから上級以上のバニラを墓地へ送る」とおろ埋的な事をコストとして手札から特殊召喚できます。

墓地送りはコストなので止められないのがいいですね。

そして特殊召喚後の処理としてレベルが1上がります、フィールドで扱う場合は【真紅眼】的にはレベル7のが扱いやすそうなのでここも良いポイントですね。

レベル7になったのを活用するならやはりランク7エクシーズを狙っていきたい所ですな。

普段はレベル6なのを活かして《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の素材となってくれるスイッチヒッター的な存在になってくれそうです。

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

デッキから墓地へ送るコストが枯渇する問題は結構直面しそうなので《伝説の黒石》による墓地からデッキに戻す効果で上手くカバーしたい所、範囲がレベル5以上のバニラと緩いので何かできるかも?《デーモンの召喚》を落とせますが旨味的にはあんまりですかねぇ。

またレベル1チューナーを展開したり《ヴァレット・シンクロン》で釣り上げる事でレベル7シンクロという選択肢も発生します。

EXデッキでの対応力を上げたい際に検討できそうですね。

墓地から除外で《真紅眼融合》をサーチ

(2)の効果により《真紅眼融合》をサーチ・サルベージする事ができます、墓地へ送らたターンには使用不可なので《おろかな埋葬》や《竜の霊廟》で直接落としても発動できないので注意。

《真紅眼融合》が制約的にリスキーなので発動タイミングには気をつけたい所ですね《墓穴の指名者》を握っていれば大分安心感があります。

ここにきてサーチが《真紅眼融合》のみに限っているので何か新しい融合モンスターが来るのかな?と期待しちゃいますね。

コメント