『遊戯王OCG』【天威勇者】に《レッドローズ・ドラゴン》採用が流行の兆し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

《レッドローズ・ドラゴン》が買取強化されているのを見て何が起こった!?

と思い調べてみるとどうやら【天威勇者】に採用されている様です。

運用は至ってシンプルで「グリフォンライダー」とのシンクロによる《フルール・ド・バロネス》にあるようですね。

スポンサーリンク

《レッドローズ・ドラゴン》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合には、さらに「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開華」1枚をデッキから手札に加える事ができる。

収録は2018年11月発売の『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-』にて字レア。

レベル3チューナーなので【天威勇者】ならば豊富なレベル7のモンスター達とシンクロする事でレベル10のシンクロを組む事ができます。

「レッドローズ」には自己特殊召喚効果がありませんが、相方のレベル7の特殊召喚が簡単に行えるので話題に。

ローズ軸の場合だと勇者側からレベル7である《流離のグリフォンライダー》が2積みされる事が多いです。

シンクロ先候補はやはり《フルール・ド・バロネス》や《相剣大公-承影》が挙げられますね。

他にも「ハリファイバー」に繋げて「アウローラドン」のルートを取ることも可能ですね。

《ブラック・ローズ・ドラゴン》か植物族シンクロ素材になると《冷薔薇の抱香》または《漆黒の薔薇の開華》をサーチする事ができます。植物族シンクロを使うかどうかはプレイヤー次第ですね。

脇を固めるカードとセット運用

《ロクスローズ・ドラゴン》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ロクスローズ・ドラゴン」以外の「ブラック・ローズ・ドラゴン」のカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの表側表示の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは植物族Sモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

こちらもレベル3となるチューナー、展開時に「ブラック・ローズ・ドラゴン」記載のカードをサーチ、《薫り貴き薔薇の芽吹き》や《レッドローズ・ドラゴン》へのアクセスが可能となります。

また「ローズ・ドラゴン」「植物族シンクロ」が破壊されると自己サルベージ、「レッドローズ・ドラゴン」が除去を浴びてもハンドアドを得れる様になっています。

《薫り貴き薔薇の芽吹き》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
(2):セットされたこのカードが破壊された場合、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ブラック・ローズ・ドラゴン」1体またはそのカード名が記されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

手札・墓地から「ローズ・ドラゴン」を展開できる速攻魔法、前述した2種の「ローズ・ドラゴン」を召喚権を行使せず展開できます。

《ロクスローズ・ドラゴン》にてサーチができるので次への手を伸ばしやすくなるのがポイント。

セット時には買いされると蘇生・帰還効果、自分で破壊しても良いので能動的に破壊して発動していく事も可能。

《レッドローズ・ドラゴン》も高騰中

《レッドローズ・ドラゴン》が200~300円辺りで買取されていますね。市場の動きも早いです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

【天威勇者】に新たな風が起きていますね、これからの動向が気になる所です。

皆様良いクリスマスをお過ごしくださいませ。僕はガンプラ作って映画観ます、寂しいって思うと負けだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テーマ
遊戯王JOY

コメント