『遊戯王OCG』大会結果優勝は【勇者デスピア】勇者出張はまだまだ続く

今回の大会結果、優勝は【勇者デスピア】となります。

まだまだ新改訂から日も浅く環境初期となりますがそこで最大勢力となっているのが【烙印】【デスピア】ですな。

デッキ融合の後にデッキ融合が流行る少し皮肉な部分も感じてしまいます。

そして組み合わされるのが【勇者】ギミックですね規制が入りましたがまだまだ使われています。

グリフォンライダーで妨害を足せるのが大きそう

優勝おめでとうございます!

構築はストラクの『アルバ・ストライク』と既存の【デスピア】を合わせた形、一般的な感じですね。

そこへ「勇者」ギミックの採用、【烙印デスピア】は制圧能力がモンスターでは低めな所があるので無効持ちである《流離のグリフォンライダー》の存在は大きそうです。

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

改訂後は《禁じられた一滴》3積みをよく見かけますねぇ。「デスフェニ」が居なくなって仮想的が切り替わり、環境も初期なので受けの広いこのカードの流行も分かります。

それと《原子生命態ニビル》の採用もナシ、《抹殺の指名者》が制限になると採用数を減らしたカードってのが今の所の感想です。展開型デッキのメタも回っていますしね。

サイドからは《トークンコレクター》相変わらず【相剣】が一定数居るのとまだまだ【勇者】が流行しているのでまだまだ見かけることになりそうな1枚ですね。

そして《ディメンション・アトラクター》が3積み【ふわんだりぃず】のお家芸ですがそれをきっかけに強力なカードとして他のデッキでも採用されだしたカードですね。

《神の宣告》もサイドに3枚、バックを強めにサイドチェンジできます《コズミック・サイクロン》も【エルドリッチ】などを考えると魔法・罠は除外しておきたい時代ですね。

《アンデットワールド》も自分は種族をそれほど気にならないので刺さる相手に使えば強力な抑止となってくれそうです。

コメント