安い強い!【恐竜サンドラ】絶滅してる場合じゃねぇ!

昨今の【サンダー・ドラゴン】の流行は【カオスサンドラ】になりつつありますが、結構お高いデッキになりつつありますね(混沌領域ぃ…)

そこで地味に高い【孤高除獣】も必要なく、低予算で遊べる【サンダー・ドラゴン】が【恐竜サンダー・ドラゴン】

メインデッキにしっかりフィニッシャーも用意でき線も充分な太さがありますねぇ(*’ω’*)

スポンサーリンク

「ゴアトルス」による制圧や「アルコン」の裏守備など妨害力も高い

《オーバーテクス・ゴアトルス》

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/恐竜族/攻2700/守2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

魔法・罠に対して圧力をかけれるカード、墓地へ送られると「恐竜」のキーカードである《究極進化薬》をサーチ可能。初動なら《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》から墓地へ送り込みたいところ。

《究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ)》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

メインデッキのフィニッシャー。相手ターンでも発動できる相手モンスター全て裏守備は非常に強力です。《究極進化薬》からリクルートするだけではなく、自身の特殊召喚条件も視野に入りますね。

《月の書》が再評価されている現在だと更に強く見えますねぇ(*’ω’*)(2)と(3)の効果とも相性が良く完成度が非常に高い1枚。

《魂喰いオヴィラプター》

効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

恐竜版「エアーマン」の様なカード。サーチだけではなく墓地へ送る事もできるので「ゴアトルス」を落とす手段にも。

他の下級恐竜を破壊して恐竜を蘇生。《ダイナレスラー・パンクラトプス》を使い回せると強そう。

《究極進化薬》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・墓地から、恐竜族モンスターと恐竜族以外のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
手札・デッキからレベル7以上の恐竜族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

「ゴアトルス」から持ってこれる強力なリクルート札、手札からも対応しております。召喚条件を無視して超大型を引っ張ってこれるのでリクルートカードとしては破格の性能かと。

初動で「ゴアトルス」を墓地へ送ってサーチしたならば手札の「サンダー・ドラゴン」モンスターを墓地へ送り込むか《終末の騎士》を墓地へ送れば発動条件を満たせます。

「サンダー・ドラゴン」モンスターだった場合除外時の効果も発動できてお得ですね。

直接的な強力シナジーは薄め

いわゆる「混ぜ物」デッキですが、個々のパワーを引き出す形で直接的に強力にシナジーし合う形ではなくお互い邪魔をせず動いていく感じです。

先攻盤面をサンダー・ドラゴンが補い《究極進化薬》のコストも手札を切りやすく《闇の誘惑》も共有とさりげなく同居できて一緒になってるって感じですかね(*’ω’*)

その他優秀な恐竜をザザーッとピックアップ

《ジュラック・アウロ》

レベル1の恐竜族チューナー。それだけで非常に価値のあるカード。シンクロや「ハリファイバー」へ繋ぐ際にお世話になります。

《化石調査》

レベル6以下の恐竜をサーチ「オヴィラプター」などを探しに行きましょう。

《ダイナレスラー・パンクラトプス》

言わずとしれた何とかしてくれるマン!恐竜シナジーもあるので汎用より数割増しで強いです。

《ジャイアント・レックス》

除外されると戻ってくるモンスター。各種素材にとても便利。

《幻創のミセラサウルス》

恐竜が発動した効果を受けなくなる耐性を付与するモンスター。

墓地からこのカードを含む任意枚数の恐竜を除外してその枚数分のレベルの恐竜をリクルート、自身のみ除外すると《ジュラック・アウロ》をリクルートする事ができます。

今回は予算低めで組める恐竜軸ですが【サンダー・ドラゴン】は様々な形があり、習熟度も要求されるので自分に合った型で突き進むのがオススメです!

コメント