『遊戯王OCG』新年最初の新規《森羅の舞踏娘 ピオネ》『ディメンション・フォース』収録

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年一発目の記事は結構悩んでましたが公式Twitterから新規カードが発表されましたのでそのカードについて。

【森羅】のリンクモンスター!【森羅】は細かく新規貰っていますねぇ。

植物族汎用としても運用できる展開効果を持つリンクモンスター

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/植物族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
植物族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚までめくる。
その中に植物族モンスターがあった場合、その内の2体までを選んで特殊召喚できる。
残りのカードは墓地へ送る。
この効果で特殊したモンスターはリンク素材にできない。
(2):自分の墓地の植物族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードのリンク先のモンスターのレベルはターン終了時まで、対象のモンスターと同じになる。

素材は植物族モンスター2体、素材的にも効果的にも「植物族」デッキでの採用になりそうです。

カテゴリである【森羅】はもちろん植物族を展開できる効果があるので色々な植物デッキで使えそうです、丁度同時収録には【捕食植物】がありますねぇ。

(1)の効果はトップを3枚めくりそこから植物族モンスターを2体まで特殊召喚できる爆アドを狙える効果、【森羅】ならばトップ操作を行うので的中率を高める事ができますね。

残りのカードは墓地送りと墓地肥やしとしても強力に見えますな…!

しかし効果無効も無く2体までレベルも問わず特殊召喚はかなり攻めている効果ですね、トップ3枚めくってその中から、と言ってもこれはやり得感がありますね。

発生する制約は「ピオネ」で特殊召喚したモンスターをリンク素材にできないという点。個人的にかなり緩くないかな?って思います、融合・シンクロ・エクシーズには問題ありませんからね。

(2)の効果は墓地の植物族のレベルを参照してリンク先のモンスターのレベル変動。

【森羅】がエクシーズ中心のデッキなのでそこを意識しているかと、また植物族エクシーズならば【六花】もあるので【六花】との相性も良さそうですね。

オマケっぽく見えて結構合うデッキには結構な効果なのではないかと思われます。

リンク召喚する為の素材としては《イービル・ソーン》ならば一気に素材を揃える事ができます。

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻 100/守 300
(1):このカードをリリースして発動できる。
相手に300ダメージを与え、デッキから「イービル・ソーン」を2体まで攻撃表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

これは植物族デッキに革新が起きそうなレベルのカードに見えますねぇ。

コメント