PR

【青眼】「烙印」ギミックから《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》を呼び出す

記事内に広告が含まれています。

今の【青眼】は「ハリファイバー」の禁止によってシンクロギミックが中々に難しいですからねぇ。

【青眼】デッキ、現在で高めのパワーを得る手段としては【ビーステッド】の混合構築がありますね。

それ以外では【烙印】から《烙印融合》を持ってくるのも良さそうです《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》を召喚できるのでとてもパワフルですな。

スポンサーリンク

高い攻撃力と全体攻撃が魅力的

ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン

《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3400/守2900
「青眼の白龍」+ドラゴン族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●融合モンスターを装備した自分の「青眼の白龍」1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは罠カードの効果を受けない。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に、自分の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

融合召喚以外の方法でも出せますがそちらはまた軸を大きく変えないと難しいですね。

素材自体は《青眼の白龍》と「ドラゴン族モンスター」でレベル8なので《烙印融合》から《烙印竜アルビオン》《神炎竜ルベリオン》の効果で展開可能。

(1)の効果は罠カードの効果を受けない耐性、罠カードであれば想定するのは《無限泡影》で効果を無効化されるのをケアできるなどでしょうか。

(2)このカードの本領とも言える効果、3400と高い攻撃力でモンスターへ全体攻撃が可能。

(3)戦闘後に墓地から罠カードをセット、罠ならなんでもよいので非常に柔軟性が高く色々狙える効果。

「烙印」繋がりからならば《烙印断罪》がリソースを回復しながら妨害できるので便利ですね。

《烙印断罪》

烙印断罪

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):モンスターを特殊召喚する効果を含む、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスターを、自分フィールドの表側表示モンスターの中から1体または自分の墓地から2体選んで持ち主のEXデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、「烙印断罪」以外の自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

場合によっては対象を取らない除外である「ミラジェイド」にシフトするなど対応力の高さも魅力。

コメント