シンクロフェイスティバル開催・独自リミットレギュレーションや有用カードなど|マスターデュエル

3月終盤に「N/Rレアリティフェスティバル」が開催されたばかりの「遊戯王マスターデュエル」ですが、早くも次のイベントが公表されました。

今回は「シンクロフェスティバル」となっており名前通りシンクロ召喚でのイベントとなります。

スポンサーリンク

開催は4月12日~22日まで・スリーブキャンペーンも

開催日時は2022年4月12日から22日の10日間となっております。

そして「エクシーズフェイスティバル」の時と同様に実物スリーブプレゼントのキャンペーンも開催されます。

こちらは本日から開催なので抽選で10名と当てるのはかなり運が必要ですが応募して損なしですね。

独自リミットレギュレーションについて

「エクシーズフェイスティバル」もそうでしたが今回もシンクロモンスター以外は軒並み禁止となっております。

またメインからでも儀式モンスターなどにも規制が入っています。

《D.D.ダイナマイト》といったバーン関連カードも禁止されていますね。

特殊召喚封じである《虚無魔人》や《虚無の統括者》も禁止となっています、また召喚法メタである《次元障壁》や《グリザイユの牢獄》も禁止。

そして前回の「N/Rフェスティバル」で流行した「カバ壊獣」に対して《カバーカーニバル》が制限カードに指定されています。

《クリムゾン・ブレーダー》が有効になるかも

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できない。

シンクロモンスターのみとなると強そうに思えるのが《クリムゾン・ブレーダー》ですかねぇ。

戦闘破壊を行う必要がありますが相手にレベル5以上の展開を許しません。

条件があるから許されてるのかな?って感じもありますかね。

汎用シンクロギミックとして「バスターセット」も

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイキック族/攻 400/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカードまたは「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。
(2):手札の「バスター・モード」1枚を相手に見せ、「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記された自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのレベルを4つまで上げる。

多彩なレベルに対応できる「バスターセット」は有用そうですね。

レアリティも低いので生成しやすいのも魅力です、ただリクルートしたい場合の《緊急テレポート》はSRとなっています。

《緊急テレポート》は汎用性が高いので余裕があればこれを機に生成してみるのも良いかもですね。

制圧効果が機能しやすくなる「クリアウィング」

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のフィールドのレベル5以上のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):1ターンに1度、フィールドのレベル5以上のモンスター1体のみを対象とするモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードの効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、
このカードの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

モンスター効果を無効にして破壊ですがレベル5以上限定となっている「クリアウィング」ですがシンクロフェスなら大体の場面で機能してくれそうですな。

また上級以上を対象とするモンスター効果も無効にして破壊できます、(1)(2)はそれぞれ1回使えるので活躍できそうですねぇ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

実装されたばかりの《フルール・ド・バロネス》も多く見かける事になりそうですねぇ。

コメント