新カード《機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-》有用効果を詰め込んだ永続魔法|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年6月11日(土)発売予定の『アニメーションクロニクル2022』に新規収録されるカード《機械仕掛けの夜-クロック・ワーク・ナイト-》が公表されました。

なんとも名前の長いカードとなりますが効果の方もモリモリとなっております。

機械族デッキで力強い味方となってくれそうですな。

スポンサーリンク

フィールドみんなが機械族・《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》で吸い込み放題

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスターは機械族になる。
(2):自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、相手フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから機械族・地属性モンスター1体を手札に加える。

攻守に1000の差分を付けて種族シナジーもカット

フィールドの表側表示モンスターが全て機械族に【サイバー流】など《サイバー・ドラゴン》を使用するデッキならばこれを利用する事によって多大に巻き込んでの《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を特殊召喚する事ができます。

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

種族変更も相手が種族参照やシナジーを扱う際にナチュラルに妨害となってくれます、そこは《アンデットワールド》が実証済みですね、あちらは墓地までも変更する違いがありますけれど。

(2)の効果は自分の機械族は攻守+500、相手の機械族は攻守-500になるので合計で攻守1000の差を付ける事ができます。

この効果によって下級モンスターであってもかなりの戦闘力を有する事ができます、上述した《サイバー・ドラゴン》がポンと出てくるだけで戦闘面がかなり強いですねぇ。

(3)の効果は墓地除外と手札をコストに地属性・機械族をサーチ。

このカード自身が永続魔法なので割られないと墓地へ送られないので能動的には少し難しそうです、ただこのカードのヘイトがそれなりに高そうなので相手は優先的に割ってきそうって感じもありますな。

また《おろかな副葬》を使用して直接デッキから墓地へ送る手段もあります、少々回りくどくなりますが地属性・機械族へのサーチに飢えているテーマには非常にありがたいですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

これは結構強そうですねぇ。機械族デッキの新たな選択肢となってくれそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント