PR

結構手堅くいい塩梅《超未来融合-オーバーフューチャー・フュージョン》Vジャンプ2023年8月号付録

記事内に広告が含まれています。

Vジャンプ2023年8月号の付属カード《超未来融合-オーバーフューチャー・フュージョン》の効果が公表されましたね。

元となった《未来融合-フューチャー・フュージョン》がエラッタがあっても難しそうな調整カードだったので不安でしたがいい塩梅に着地したのではないでしょうか?

僕個人としては使ってみたさがあります。

スポンサーリンク

《超未来融合-オーバーフューチャー・フュージョン》

永続魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる
(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない)。
●EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記された融合素材モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったモンスター及びその同名モンスターを特殊召喚できず、そのモンスター効果を発動できない。
●自分の墓地のモンスターを融合素材として除外し、機械族・闇属性の融合モンスター1体を融合召喚する。

EXデッキから融合モンスターにカード名が記された素材をデッキから墓地へ送り、融合素材として賄える効果。

墓地へ送ったモンスターには同名モンスターに特殊召喚・効果発動出来ないといった制約が発生します。

墓地へ送られた場合に効果発動できるモンスターなどの効果発動ができないのでそういったモンスターとは相性が悪くなっています、ただ墓地効果が相手ターンでも発動できる効果などになると活用可能。

墓地リソースとしてコストに充てがう為などにも使えたりしますかね。

ただ融合モンスターの素材にカード名が記されモンスターでないとデッキから墓地へ送れないのがネック、その点では《烙印融合》って凄かったんやなぁと、そりゃ制限カードですけれども。

機械族・闇属性なら墓地融合が可能

《オーバーロード・フュージョン》

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

もう1つの効果は《オーバーロード・フュージョン》をイメージしたような効果となっていますね。

《超未来融合-オーバーフューチャー・フュージョン》だとターン1やフィールド非対応な部分などで劣る部分があります。

デッキから素材を賄う効果とそれぞれ1度使えるので1回デッキ素材融合にしてデッキから落としたカードで墓地融合も可能となっています。

対応している融合先が「機械族・闇属性」となっているので用途としては結構限られてきます。

やはりこの効果も含めると1番上手に使えそうなのは【裏サイバー】ですかねぇ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

流石に制限のヤバい《烙印融合》と比べるとアレですが、いい感じに仕上がっていると思います、融合先にラグが無いのも魅力。

コメント