話題のカード2種《六花絢爛》《武神姫-アハシマ》|遊戯王OCG

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発売が控えている『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』の収録カード公表をきっかけに話題になっているカードを紹介。

特に【スプライト】によって《武神姫-アハシマ》が話題になっているのが面白いですね。

実際にかなり相性が良く見えます。

スポンサーリンク

ネタにされてたが今や巻き返しの時

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/獣戦士族/攻1500
【リンクマーカー:上/右下】
同じレベルのモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
同じレベルのモンスターを、手札及び自分の墓地からそれぞれ1体ずつ選んで効果を無効にして特殊召喚し、その2体のみを素材としてXモンスター1体をX召喚する。
(2):このカードのリンク先のXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動した場合、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

シンクロの「ハリファイバー」融合の「アナコンダ」ペンデュラムの「エレクトラム」とカード種類サポートリンクモンスターは禁止・制限されている程強力な中で控えめだったエクシーズの「アハシマ」

しかし【スプライト】においてはリンク2モンスターをX素材にでき、それにより効果も得るのでけっこうな活躍が見込めそうです。

リンク素材にできないという制約もエクシーズ素材化によって棒立ちをケアできる相性の良さが光りますね。

普通にリンク召喚時の展開・蘇生からエクシーズ召喚効果も有り難いです。

パック発売初動時トップレアが再び舞い上がる

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

テーマ向けのサーチ魔法。

よくある感じなサーチ魔法ですが植物族モンスターをリリースして発動する事もでき、そうした場合には更にサーチした六花と同じレベルの植物族モンスターを追加でサーチする事ができます。

リリースが必要となりますが2枚サーチになるのは悪くない話、そこへ更に新規カードである《六花来々》が到来します。

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「六花」モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分が「六花」カードの効果を発動するために自分フィールドの植物族モンスターをリリースする場合、自分フィールドの植物族モンスター1体の代わりに相手フィールドの表側表示モンスター1体をリリースできる。

「六花」モンスターが存在すればデッキから「六花」魔法・罠をセットできるので《六花絢爛》をセットする事ができます。

そしてそのまま発動する場合には(2)のリリースを相手モンスターで担う効果を適用でき、除去しながら2枚サーチといったムーブが可能となります。

決まった時のアドアドしさはハンパではありませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    六花絢爛で参照するのはリリースしたモンスターではなく加えた六花