PR

遊戯王マスターデュエルリミットレギュレーション改訂・12月から征竜が全種復活・OCGも毎月してもいいんじゃない?

記事内に広告が含まれています。

マスターデュエルのリミットレギュレーション改訂、2023年12月の改訂が発表されました。

遂に「征竜」が全種釈放となりました、以前から返しても大丈夫じゃない?と言われてましたからね、ドラゴン好きで遊戯王デビュー時に征竜を使ってて思い入れがあるのでOCGでも帰ってこーい!

スポンサーリンク

征竜解放と《十二獣の会局》無制限がどうなるか見どころ

巌征竜-レドックス

改訂の内容についてですが緩和の流れとなっています。

禁止から制限になるカードが4種類の大規模解放

「禁止⇒制限」になるカード

《巌征竜-レドックス》
《瀑征竜-タイダル》
《EMモンキーボード》
《十二獣モルモラット》

以前から使用可能となっている《焔征竜-ブラスター》と《嵐征竜-テンペスト》に加え残りの征竜も緩和となりました、「テンペスト」は準制限、「ブラスター」は無制限にまで緩和されているので結構な枚数の「征竜」をデッキに採用する事ができますね。

これは昔を思うとすんごい改訂ですが、今のカードパワーを基準に見ると大丈夫かな、と思っています。

しかし9期初期から初めた僕は子征竜禁止・征竜全て制限、での状態でしか知らないので複数枚積めていくとどうなっていくのか楽しみではあります、お気に入りカードなので緩和されたら【ドラゴンリンク】とかに混ぜて遊んでみたいですねぇ。

《EMモンキーボード》も緩和、こちらはOCGでは既に緩和済みとなっています、また強力な動きをしそう?と思われましたがカードプールの変化により【EM魔術師】系もすっかり【覇王魔術師】と形を変えており、見かける機会は少ないです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

征竜複数枚搭載は是非やってみたいのでドシドシ緩和してぇ!

《十二獣モルモラット》が制限に緩和。

十二獣モルモラット

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻 0/守 0
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

OCGでも制限になって復帰しているカードですが、《十二獣ドランシア》が不在と、マスターデュエルで同じタイミングで緩和される《十二獣の会局》の影響があるので未知数。

OCGでは11期の頃に【十二獣トライブリゲード】が成立し、環境に君臨していましたからね、侮りがたいスペックをしているとも言えます、ただ今は12期になり2022年の大規模インフレ後でもありますからここは試験的な解放がされているとも思えますね。

また「モルモラット」は効果の性質上、制限ではフルパワーを発揮できないのも制限緩和の理由となり得ます。

《十二獣の会局》いきなりの無制限化

永続魔法
「十二獣の会局」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

OCGでは制限カードですが、マスターデュエルでは禁止から一気に無制限にまで緩和となった《十二獣の会局》自分のカードを破壊してからの「十二獣」モンスターのリクルートを行うカード。

破壊されると「十二獣」エクシーズモンスターの素材として活用できます。

破壊するカードは永続魔法であるこのカード自身であってもOKなのが強み、フィールドに「十二獣」エクシーズが存在すれば素材化もできるいわゆる1枚完結型カードですね。

自壊という性質を利用して破壊からアドバンテージを取っていくデッキでの出張性に対する期待度もとても高いですね。

しかしマスターデュエルではURと高レアリティに設定されているので大変ですね…

この改訂フットワーク・OCGにも欲しい

個人的なお気持ちを最後に。

OCGでもこの改訂のフットワークは正直羨ましいと思っています、ガチガチのリミットレギュレーション改訂ではなく、緩和中心・どうしてもアカンって所はこういった軽快なフットワークでやってほしさがあります。

当然OCGは紙なので色々と危険な側面があるのは承知ですが、緩和のみならもっと頻繁にやってくれてもいいような気がします。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

今なら緩和できるカードいっぱいあると思うんですけれどねぇ。

コメント