PR

遊戯王「ターミナル・ワールド」の封入率について・クオシク12種類も判明

記事内に広告が含まれています。

「ターミナル・ワールド」の発売…100円玉を沢山持ってさぁ…という古の方式ではなくパックのお話。

その収録種類数やら新規のレアリティやら色々特殊なパックである「ターミナル・ワールド」系統としてはここ最近秋に発売される「セレクション5」の様な系統のパックとなっています。

てっきり「セレクション5」の新作が来るのかと思っていましたが秋のこの枠のパックは色々やっていく感じなんでしょうかね?

スポンサーリンク

商品概要

1パック:5枚入り
1ボックス:15パック入り
カード種類:全145種+1種
[ ノーマル ・・・ 145種 ]

希望小売価格:242円 (本体価格 220円)

※1ボックスで145種類全部は揃いません。
※ノーマルのうち12種にはクォーターセンチュリーシークレットレア仕様も存在します。
※ノーマルのうち24種にはウルトラレア仕様/ウルトラレアパラレル仕様/シークレットレア仕様/シークレットレアパラレル仕様も存在します。
※ノーマルのうち40種にはスーパーレア仕様/スーパーレアパラレル仕様/シークレットレア仕様/シークレットレアパラレル仕様も存在します。
※ノーマル全てにノーマルパラレル仕様も存在します。
※商品の仕様は変更になる場合があります。

KONAMI商品公式サイト

パックは大体1パック250円くらいとちょっとお高め。

カード種類は145種類+1(ウルトラレア復刻版《封印されし者の左腕》)となっており、レギュラーパックでも大体80種類なのでかなりの種類数になっています。

4つのテーマでこの枚数ですからね、その分テーマカードはガッツリと再録となっています。

また12種類のクオシクが存在、シークレットレア・ウルトラレアは24種類、スーパーレアは40種類、どれもノーマルの内から選出ですが、ノーマルが145種と全てに存在するので要は収録全てからの選出となっています。

新規カードですが、1パックに1枚確定封入となっているので集める分には優しい設計となっています。

シークレットレアは箱1封入

1箱にシークレットレアは確定封入の様ですね、シークレットレアにもパラレルが存在しますがどちらが当たるか詳細な数値は不明。

7ボックス開封で以下の通りだったようです。
クオシク1枚
シークレット7枚
ウルパラ14枚
ウルトラ23枚(左腕2枚)
スーパラ28枚
スーパー32枚

スーパー以上が1パックに確定、クオシク出てもシク枠潰れないみたいですな。

また復刻版《封印されし者の左腕》は枠を食わない従来の復刻エクゾディアと同じ仕様ですね。

パラレルの枚数は若干パラレルの方が出にくい感じですかね、スーパーレアは半々に近いですがウルトラパラレルだと結構バラついています。

なおパラレルの加工についてはデュエルターミナル仕様のパラレルではない加工の様です、ちょっと?中々残念。

クオシクに選出されているカード

精霊獣使いレラ

クオシクについてはこの感じだとかなり厳しい封入かと思われます、「セレクション5」のプリシクの封入率がカートン2でしたが今回は1カートン(24箱)に4枚になっている模様です。

《氷結界の龍 トリシューラ》
《氷霊山の龍祖 ランセア》
《氷結界の紋章》
《インフェルノイド・フラッド》
《インフェルノイド・ネヘモス》
《煉獄の虚夢》
《A・O・G リターンゼロ》
《リペア・ジェネクス・コントローラー》
《A・ジェネクス・バードマン》
《精霊獣使い レラ》
《精霊獣騎 レイラウタリ》
《精霊獣騎 カンナホーク》

以上のカードがクオシク選出となっています、1テーマにつき3枚の選出ですね。

amazonでは既に定価を割っている

amazonでは既に定価以下の割引で販売されています、再録メインのパックなので入荷量に対しての予約状況がよろしくなかったのかもしれません。

しかし「セレクション5」の件を考えるとクオシクで人気カードを引いた時はすんごい事になるかもしれませんね、相場はまた見て追っていきます。

コメント