PR

遊戯王OCG「ターミナル・ワールド」発売初動買取相場・トップレアは《精霊獣使いレラ》

記事内に広告が含まれています。

発売となった「ターミナル・ワールド」の初動相場情報。

トップレアは大方の予想通り《精霊獣使いレラ》となっています。

他の【霊獣】新規カードもお高めで高レアに染めるなら大変なテーマとなっています、それ続いて【氷結界】と【インフェルノイド】があり、今回の一番安いポジションは【ジェネクス】という形になっています。

発売から2週間後の相場は以下から

スポンサーリンク

《精霊獣使いレラ》がトップレア・美少女キャラはやはり強い

精霊獣使いレラ

まず基本的な傾向としてはスーパーレアだと値段が付いていません、一部ウルトラレアについてから値段が付きだすといった感じです。

値段が付くウルトラレアも基本新規カードですね。

そこからシークレットレアになります、シークレットレアでもシークレットパラレルになると値段が上がる傾向になっています。

クオシクの相場

精霊獣騎レイラウタリ

今回のトップレアは《精霊獣使い レラ》となっており18000円買取となっています、やはり美少女カードがトップレアになるのは鉄板となっていますね。

《精霊獣騎カンナホーク》(イラスト違い)、《氷結界の龍トリシューラ》、《氷結界の紋章》(イラスト違い)それぞれ8000円買取となっています。

どれも既存カードですが、デッキのテーマとして重要なカード、《氷結界の龍トリシューラ》に関しては新イラストでなくともこの貫禄、逆にトリシューラはこのイラストや!って所まであります。

続いて《精霊獣騎レイラウタリ》が7000円買取、新規カードでお互いに「効果発動の為のリリース」ができなくなるリンクモンスター、汎用性も考えて個人的に注目しているカードです。

《インフェルノイド・フラッド》が5000円買取、《煉獄の虚夢》(イラスト違い)が4000円買取《インフェルノイド・ネヘモス》が3500円買取と価格の面では【インフェルノイド】は中堅どころといったとこですね。

《氷霊山の龍祖 ランセア》が5000円買取、ストラクから今回の新規でやっと完成が見えたとも、正直な所ストラクがちょっとアレでしたからね…

《A・O・G リターンゼロ》が2500円買取、《A・ジェネクス・バードマン》(イラスト違い)が2000円買取、《リペア・ジェネクス・コントローラー》が2500円買取と【ジェネクス】は安めとなっています。

シークレットレアの相場

熾動する煉獄

シークレットパラレルの《精霊獣使いレラ》が5000円買取と抜き出ています、ショップによってここまで高くないショップもあればこれくらいのショップもあったりとちょっと値段が散らばっています。

通常のシークレットレアでも2000円買取とクオシクのみならずシクでもトップの座に君臨しています。

《精霊獣騎レイラウタリ》が1500円買取、《聖霊獣騎 ノチウドラゴ》も1500円買取となっています。

《熾動する煉獄》が1500円買取、《インフェルノイド・フラッド》が1000円買取、《氷霊山の龍祖 ランセア》が1500円買取、シクは箱1なので最低限のライン…ここで何が当たるかってのがドキドキ要素となっていますね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

《精霊獣使いレラ》ちゃん無双ですねぇ。

コメント