PR

遊戯王大会結果【炎王】優勝デッキ3レシピ「純構築」「罪宝」「ストラク3箱」とそれぞれ違いがある

記事内に広告が含まれています。

遊戯王大会結果、発売されてすぐのストラクチャーデッキR「炎王の急襲」から【炎王】の優勝デッキレシピ。

強い強いと評判なので調べてみると結構優勝しており、優勝デッキを3つピックアップしてみました。

それぞれ型に違いがあり「純構築」「罪宝搭載型」「ストラク3箱(驚愕)」となっています。

スポンサーリンク

純構築型・やはりストラクのテーマパーツ達の完成度が高い

炎王神 ガルドニクス・エタニティ

優勝おめでとうございます。

ストラクチャーデッキRが発売直後での優勝となった【炎王】そのデッキのポテンシャルは前評判よりかなり高く、強いとの声が多く聞こえます。

手札誘発は《灰流うらら》《増殖するG》《エフェクト・ヴェーラー》と三種の神器にプラスして《屋敷わらし》といった形で、ストラクに再録された《無限泡影》もしっかり採用されており、妨害性能を高めています。

ドローソースとしては《強欲で金満な壺》が採用されています、《炎王神 ガルドニクス・エタニティ》が飛んでしまうと厳しいですが3積みならそうそう全部飛ばないかなって所ですね。

他のメインデッキは「炎王」カードで占められておりデッキの完成度の高さが伺えます。

追加ギミックの「罪宝」搭載型

追加ギミックとしては発売前から話題である「罪宝」ギミック、《黒魔女ディアベルスター》とそれをサーチ・サルベージしながらドローもできる《“罪宝狩りの悪魔”》そして貴重なサーチ効果を持つ《真炎王 ポニクス》をリクルートできる《原罪宝-スネークアイ》の構成となっています。

《原罪宝-スネークアイ》

通常魔法 このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの表側表示カード1枚を墓地へ送って発動できる。 手札・デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スネークアイ」モンスターか 「ディアベルスター」モンスター1体を対象として発動できる。
デッキから炎属性・レベル1モンスター1体を手札に加える。 その後、対象のモンスターをデッキの一番下に戻す。

ストラク3箱構築・《激流葬》は確かに強そうだ

ストラク3箱構築で優勝、凄まじいですね。

EXデッキも必要最低限ありますからねぇ、そして3箱構築だと《激流葬》や《ブラック・ホール》といった全体除去が破壊されると効果が出る【炎王】と相性が良いので強力に運用できそうです。

《激流葬》自体、相手ターンに発動できる全除去なので相手のプランを大きく狂わせる事ができ、相性の良いテーマなら全然現役で戦えるカード、《ブラック・ホール》もサポーターである《ブラック・ホール・ドラゴン》で再評価されていますね。

破壊で対応できないならば《怒炎壊獣ドゴラン》や《深淵の宣告者》で対処できるサイドプラン、《獣王アルファ》では戦力を確保しながらバウンスする事ができます。

手札誘発はストラクに収録された範囲なので《ドロール&ロックバード》が使われています、現在の環境だと採用枚数が減っているカードですが、まだ刺さる所には刺さりそうですね。

3箱構築の完成度…高いですね。

コメント