PR

遊戯王相場情報・改訂後直後・各種高レア「EM」や「インヴォーカー」絡みのカードが強化買取に

記事内に広告が含まれています。

2023/7/1リミットレギュレーション改訂が発表されて1日の遊戯王買取相場情報。

焦点となるのは「モンキーボード」の禁止解除での「EM」や「インヴォーカー」の禁止解除により影響を受けるデッキ、特に【マドルチェ】ですかねぇ。

スポンサーリンク

各種「EM」カード達が強化買取に

《EMモンキーボード》緩和の影響により各種「EM」達が今日買取されています。

《EMペンデュラム・マジシャン》のシークレットが800円買取になっています、シークレットは応募者全員パックのみでの収録で9期にて猛威を振るったあの頃を呼び起こすレアリティですねぇ。

《EMオッドアイズ・バトラー》がシク8000円買取・スーパー1100円買取となっています。

収録が販売方法が限定されていた「プレミアムパック2022」のみなので高額になっていますねぇ、シクは特に封入率によってかなりの高額カードになっています。

《EMオッドアイズ・バレット》のシクが5000円買取・スーパー1000円買取になっています。

こちらも「オッドアイズバトラー」と同じく収録は「プレミアムパック2022」となっています。

《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》が強化買取

《M.X-セイバー インヴォーカー》の禁止解除により一番多く使っていたであろう【マドルチェ】から《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》が強化買取対象にシークレットで2500円買取・スーパーで1000円買取となっています。

初出は2015年の「クロスオーバー・ソウルズ」で再録が何気に無いカードとなっています。

《M.X-セイバー インヴォーカー》TPで再録があったので超高額を回避

禁止解除となった《M.X-セイバー インヴォーカー》がシクで800円買取・パラレル・スーパーで500円買取になっています。

今のところ凄く大きく高騰はしていませんね、トーナメントパックでの再録があったので供給はまずまずあるといった所でしょうか。

しかしレベル4地属性・戦士族リクルートと強いカードなので持っていなければ持っておいて損の無いカードとなっています。

《炎舞-「天璣」》の高レアリティに注目

準制限から無制限に規制解除された《炎舞-「天璣」》買取も強化されシークレットで4000円買取・コレクターズレアが1500円買取となっています。

高レアリティは2014年の初代レアコレのみとなっているので貴重ですな。

《鎖龍蛇-スカルデット》色々悪さをしてきたけれど無制限に

色々と悪さの加担をしてきたので規制されていた《鎖龍蛇-スカルデット》も更正して今は大人しいので無制限に緩和。

その影響で買取強化対象に、シク2500円買取・ウルトラ1800円買取・アルティメット2000円買取となっています。

このカードも2017年の「エクストリーム・フォース」で登場してから1度も再録の無いカードとなっています。

コメント