PR

《コード・トーカー・インヴァート》【コード・トーカー】の必須クラスの中継モンスター

記事内に広告が含まれています。

今回ピックアップするカードは【コード・トーカー】デッキにてリンク2モンスターとして必須クラスのカードである《コード・トーカー・インヴァート》

以前【コード・トーカー】をスターターなどのカードで有り合わせで作ったのですが、その時やはりこのカードの必要性を強烈に感じました。

スポンサーリンク

リンク3へ繋げれる効果・「コーデック」で光属性をサーチ

コード・トーカー・インヴァート

《コード・トーカー・インヴァート》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1300
【リンクマーカー:左/右】
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

「ザ・ヴァリュアブル・ブック21」の付録カード、VB付属のカードなので再録は中々に絶望的。

めちゃくちゃシンプルな効果ですが、有用性がかなり詰め込まれているカードです。

手札から展開効果は【コード・トーカー】にとってかなり重要な効果でここからリンク3に持っていくのが醍醐味。

中継としてかなり優秀で、このカードが無いと展開時かなり苦しい事もあります。

《マイクロ・コーダー》などの手札からの素材化によってフィールドのモンスター1枚からあれよあれよと盤面を築いていきます。

《トランスコード・トーカー》《エクスコード・トーカー》などがグイグイ出せますな。

注意点として「インヴァート」はリンクマーカーが左右となっているのでEXモンスターゾーンに予め他のリンクモンスターをリンク召喚し、リンクしてマーカーを空けなければなりません。

《サイバネット・コーデック》

サイバネット・コーデック

永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

このカードをリンクする場合発動している確率が高いであろう永続魔法、コーデックの効果により「インヴァート」からは光属性サイバース族をサーチする事ができます。

様々な「コード・トーカー」をリンク召喚するのでかなりのアドバンテージを稼ぐカードです。

チェーンの組み方でサーチしたモンスターを「インヴァート」のリンク先に特殊召喚する事も可能です。

《レディ・デバッガー》

レディ・デバッガー

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル3以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

光属性として有用なサーチ先が《レディ・デバッガー》ですね、「インヴァート」効果によってそのままリンク先に特殊召喚したいですな。

「コーデック」でサーチして「デバッガー」でサーチしてと連鎖してアドバンテージを稼いでくれます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

「インヴァート」のアリナシはとても重要なファクターです。お高くてデッキを組む障壁になりますが、お高いのも納得の強さをしています。

コメント