『サイバー流の後継者』最低限の買い足しで+α|持ち味を活かせッ!

ストラクチャーデッキ『サイバー流の後継者』私も3箱ポチっと注文しました。

汎用再録が強くてそれだけでも強いのですがせっかくなのである程度デッキを組みたくなるのはデュエリストなら当然。

そこで低予算での買い足しによってある程度の形にしてみようと思います。低予算コースと高額だけどあったらいいなってカードも取り上げます。

スポンサーリンク

使いやすい融合モンスターを中心に足そう

《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

融合カードがいらない融合モンスター。相手フィールドからも巻き込む事ができ、素材の数に応じた打点になってくれます。ストラク収録の「壊獣」であるジズキエルで相手モンスターをリリースし、そのまま素材にする事が可能。

相手が機械族デッキだったらとんでもなくぶっ刺さる1枚。

《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

こちらも巻き込み型融合モンスター。EXモンスターゾーンのモンスターを素材化。ルール変更後でもリンクモンスターは1大勢力なので腐る事は中々少ないかと。

「フォートレス」ほど巻き込み期待ができないので打点も抑えめになる事が多いのでもっぱら除去要員。

《キメラテック・ランページ・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2100/守1600
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードが融合召喚に成功した時、このカードの融合素材としたモンスターの数まで
フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

ノーマル再録されてて良かった1枚。素材の数までバックを剥がす効果とデッキからモンスターを墓地へ送りその数まで攻撃可能。

バックを剥がせ、おろかな埋葬効果、連続攻撃とマルチなカード。打点は低いですが他のモンスターで壁を取り除いてからの連続攻撃、または《パワーボンド》《リミッター解除》によるパンプアップでの連続攻撃はデュエルを終わらす火力をもたらしてくれます。

《サイバー・ツイン・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2100
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

超絶シンプルなサイバー黎明期らしいカード。

ランページほど器用ではありませんが単純に2800打点の2回攻撃は中々の突破力。

《サイバー・レヴシステム》

通常魔法
(1):自分の手札・墓地から「サイバー・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果では破壊されない。

ターン1の無い展開札《サイバー・ドラゴン・コア》でサーチできるのが強み。

個人的に必須感は無く好みで良いかと。積んでも1~2枚で良いかと。

以上、低予算ならばこんな所かと思います。ストラクの持ち味を活かすプランなので《銀河戦士》などからの「ノヴァ・インフィニティ」は考えずです。ここは好みでいじりですかねぇ。

スポンサーリンク

お高い・お高くなったカード

ここからはお高くなるカード。本来の目的から脱しているのでざっとした説明となります。

《サイバー・エタニティ・ドラゴン》

対象耐性・効果破壊耐性をもつ守備力4000の守護神。相手によって墓地へ送られればサイバー・ドラゴンを手札・デッキ・墓地から展開。

墓地から除外する事で自軍の融合モンスターに相手からの対象耐性と効果破壊耐性を付与して安全に攻める事ができます。

《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》

君ちょっと前までストレージに居なかった?系カード。

機械族限定のパンプアップ、上昇量が2100と非常に高く連続攻撃を得意とするこのデッキのモンスターと最高クラスの相性を持っています、再録はよ。

《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》

言わずとしれたカード、融合デッキ超汎用なので高額ながら持っている人は多いかと。このデッキでは《オーバーロード・フュージョン》の効果を適用できるので安定して融合召喚に持っていけます。このカードの利便性はマジヤバイっす。

コメント