PR

【暗黒界】デッキと相性の良いカード・テーマとして大分成熟している

記事内に広告が含まれています。

【暗黒界】デッキから相性の良いカードをチョイスしてみました。

ストラクチャーデッキRとなりデッキとしてはかなり成熟していますので方針・デッキ作成はメジャーに行くと結構簡単にまとまるかと。

その中でも個人の好みで方向性がググっと変わるのも面白いですね。

スポンサーリンク

デッキを変えた【未界域】の登場「ツチノコ」「モスマン」は再録される

未界域のビッグフット

《未界域のビッグフット》

効果モンスター
星8/闇属性/獣族/攻3000/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

ストラクRでの再録では《未界域のツチノコ》と《未界域のモスマン》が再録されました。

「未界域」は何分相性がとても良いので現代の【暗黒界】を語るならとても重要なファクターとなるカード達です。

その中でもまた1つ相性が良いのが「ビッグフット」です、レベルが8なので「グラファ」「レイン」とランク8エクシーズを組む事ができます。

自身が捨てられた場合の表側1枚破壊は「グラファ」の効果と被り気味ですが、破壊効果は盛って損なしですね、厄介な永続罠などにメタられた場合にも有効。

サーチによって手札の回転率を上げる《未界域のネッシー》

未界域のネッシー

効果モンスター
星7/闇属性/水族/攻1600/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のネッシー」以外だった場合、さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

手札から捨てられると「未界域」をサーチ。

サーチした「未界域」を使用して更に手札を回していけます、回転数の手数を上げる事ができるので各「暗黒界」もよく回ります。

「未界域」モンスターは闇属性なので融合グラファである《暗黒界の龍神王 グラファ》の素材となれるのも良いポイントですね。

リクルートができる《未界域のジャッカロープ》

未界域のジャッカロープ

効果モンスター
星3/闇属性/獣族/攻 500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

リクルーターなので様々な「未界域」と一緒に採用できるカード。

22.7リミットレギュレーションでは準制限カードでしたが22.10の改訂で規制解除されたのも追い風となっています。

サーチの「ネッシー」だと手札の効果を即使えるので【暗黒界】的に見ると「ネッシー」を優先してみても良さそうですけれどね。

展開に寄ってるので各種リンク召喚素材にしていくと盤面作りや対処札を用意しやすくなるので捗りますな。

環境的を見るならば「魔のデッキ破壊ウイルス」も良さそう

魔のデッキ破壊ウイルス

《魔のデッキ破壊ウイルス》

通常罠
(1):自分フィールドの攻撃力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内の攻撃力1500以下のモンスターを全て破壊する。

メインデッキのモンスターの攻撃力が低い【スプライト】や【エクソシスター】に直撃する事でサイドデッキとかで人気になっている《魔のデッキ破壊ウイルス》【暗黒界】ならばリリースする触媒には困りませんね。

新パックから参戦《魔界特派員デスキャスター》

魔界特派員デスキャスター

《魔界特派員デスキャスター》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの悪魔族モンスター1体をリリースできる。
(2):「魔界特派員デスキャスター」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

時期的に連動として収録された感のある「デスキャスター」悪魔族を蘇生し手札を効果で捨てるので【暗黒界】とは非常に高い相性を誇っています。

身代わりに関しては《暗黒界の懲罰》もありますが、「デスキャスター」もこのカードからの除去を迫れる意味もあり優秀かと。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

考えていくとやはり【未界域】は革新的でしたねぇ、ストラクR化と共に大幅にパワーアップですね。

コメント